子子子子子子(ねこのここねこ)はてブロ部

Macネタが主のIT記事と、興味ある展覧会リストや観覧感想などを書いてますよ。自転車ロードレースも好き。

2019年度気になる展覧会その1(春編)

いつもは4/1に更新するのですが、春の展覧会の開始がだいたい3/21の春分の日からっぽいので3/21に登録しました。
近畿圏中心にざざっと書いてみました。全てへ行くことが出来ないのは分かってますw
終了日順に並べています(随時更新)。
なお展覧会名が青いものは残り一週間以内、赤いものは開始後一週間以内の展覧会であることを意味します。

展覧会名 期間 会場 リンク 魚拓 目録
啓蟄! 考古遺物コレクション
節句を彩る−人形と漆工−
都市を描く−洛中洛外図と名所図会−
2/16-3/24 大阪市立美術館 啓蟄! 考古遺物コレクション │ 大阪市立美術館
節句を彩る-人形と漆工- │ 大阪市立美術館
都市を描く-洛中洛外図と名所図会- │ 大阪市立美術館
魚拓
魚拓
魚拓
目録
目録
目録
弥生時代の高地性集落とは
−大阪における特徴と性質−
1/19-3/31 大阪府弥生文化博物館 大阪府立弥生文化博物館 魚拓 目録
企画展
天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち
2/13-3/31 国立科学博物館 天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち(チラシpdf) 魚拓 目録
画業と暮らしと交流 -大観邸- 3/20-4/1 大阪髙島屋 7階グランドホール 詳細情報|大阪高島屋 魚拓 目録
奇想の系譜展 2/9-4/7 東京都美術館 奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド|東京都美術館 魚拓 目録
富岡鉄斎 2/22-4/7 和文華館 特別企画展 富岡鉄斎―文人として生きる― |大和文華館 魚拓 目録
中国文房具と煎茶
(前期)
3/2-4/10
4/7「超茶会 文人としての90分」(要予約3/2から満員札止め(;_;))
泉屋博古館 京都:展示会情報|泉屋博古館 住友コレクション 魚拓 目録
驚異の超絶技巧! 1/26-4/14 あべのハルカス美術館 驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ|あべのハルカス美術館 魚拓 目録
カメラが写した80年前の中国京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真 2/13-4/14
月火休館
京都大学総合博物館 2018年度特別展 カメラが写した80年前の中国―京都大学人文科学研究所所蔵 華北交通写真 ― 京都大学総合博物館 魚拓 目録
フェノロサの愛した寺 法明院
-三井寺北院の名刹-
3/2-4/14 大津市歴史博物館 企画展 フェノロサの愛した寺 法明院 -三井寺北院の名刹- |お知らせ|大津市歴史博物館 魚拓 目録
京都の染織 1960年代から今日まで 3/8-4/14 京都国立近代美術館 京都の染織 1960年代から今日まで|京都国立近代美術館 魚拓 目録
旅する画僧・金谷
(前期)
3/16-4/14
3/16「金谷入門」開催
草津宿街道交流館 宿場日和(草津宿だより) - 春季展「旅する画僧・金谷―近江が生んだ奇才―」開催! 魚拓 目録
北野天満宮
信仰と名宝
(後期)
3/19-4/14 京都文化博物館 北野天満宮 信仰と名宝 ―天神さんの源流― | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
明恵の夢と高山寺
(前期 甲巻、乙巻展示)
3/21-4/14 中之島香雪美術館 特別展 「明恵の夢と高山寺」 朝日新聞創刊140周年記念|中之島香雪美術館 魚拓 目録
ある日の都路華香
(前期)
3/21-4/14 八幡市立松花堂美術館 主要な催し物|松花堂庭園・美術館 魚拓 目録
発掘 乾山窯 2/20-4/21
月火休館
京都大学総合博物館 平成30年度特別展・文化財発掘Ⅴ 発掘 乾山窯 ― 京都大学総合博物館 魚拓 目録
石本藤雄展マリメッコの花から陶の実へ-琳派との対話- 3/9-4/21 細見美術館 石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ-琳派との対話-|これからの展覧会 - 京都 細見美術館 魚拓 目録
江戸の奇跡・明治の輝き 日本絵画の200年 3/15-4/21 岡山県立美術館 「江戸の奇跡・明治の輝き」展 魚拓 目録
大徳寺龍光院
国宝曜変天目と破草鞋
(前期)
3/21-4/21
講演会 ① 3/31 江月宗玩と龍光院の宝物4/14 染織品に見る大航海時代─龍光院所蔵品から─4/21 曜変天目の魅力と謎に迫る
MIHO MUSEUM 大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋(はそうあい) – MIHO MUSEUM 魚拓 目録
第59回 日本南画院展 京都展 4/16-4/21 京都市美術館別館/みやこめっせ 日本南画院|東洋美術の精粋水墨・墨彩 魚拓 目録
生誕100年 堀文子展 旅人の記憶 4/10-4/22 京都タカシマヤ 7階グランドホール 奥田元宋・小由女美術館特別展 : 生誕100年 堀文子展 旅人の記憶
京都タカシマヤ|7階催会場・グランドホール
魚拓 目録
手塚雄二展 4/10-4/22 大阪髙島屋 7階グランドホール 各階情報 催会場・グランドホール|大阪高島屋 魚拓 目録
四条派への道
呉春を中心として
(前期)
4/6-4/23 西宮市大谷記念美術館 四条派への道 呉春を中心として|西宮市大谷記念美術館 魚拓 目録
河鍋暁斎
(前期)
4/6-4/29 兵庫県立美術館 兵庫県立美術館 特別展「没後 130年 河鍋暁斎」展 魚拓 目録
第59回 日本南画院展 大阪展 4/24-4/29 大阪市立美術館(地下展覧会室) 日本南画院|東洋美術の精粋水墨・墨彩 魚拓 目録
平成ネット史(仮)展@大阪 4/27-4/30 NHK大阪 1Fアトリウム イベント@大阪 - 平成ネット史(仮) - NHK 魚拓 目録
特集展示 なにわ人物誌 三好木屑 3/20-5/6
火休館
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:第123回特集展示「なにわ人物誌 三好木屑」 魚拓 目録
クリスチャン・ボルタンスキー展 2/9-5/6 国立国際美術館 クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime展覧会|NMAO:国立国際美術館 魚拓 目録
中国文房具と煎茶 4/11-5/6 泉屋博古館 京都:展示会情報|泉屋博古館 住友コレクション 魚拓 目録
明恵の夢と高山寺
(後期 丙巻、丁巻展示)
4/16-5/6 中之島香雪美術館 特別展 「明恵の夢と高山寺」 朝日新聞創刊140周年記念|中之島香雪美術館 魚拓 目録
春期京都非公開文化財特別公開 4/26-5/10
(大半は5/6まで)
京都市八幡市の20社寺
(長楽寺、安祥寺へ行きたい)
奉祝 天皇陛下御即位 春期京都非公開文化財特別公開 開催要項(pdf) 魚拓 目録
宮脇檀 手が考える
建築家・宮脇檀のドローイング展 巡回展in京都
音のデザイン ー館蔵のポスターと楽器ー
3/18-5/11
日曜・祝日休館
京都工芸繊維大学美術工芸資料館 宮脇檀 手が考える 建築家・宮脇檀のドローイング展 巡回展in京都
音のデザイン ー館蔵のポスターと楽器ー
魚拓
魚拓
目録
フェルメール 2/16-5/12 大阪市立美術館 フェルメール展 │ 大阪市立美術館
フェルメール展
魚拓
魚拓
目録
花香鳥語-中国明清の絵画-
おおさかの仏教美術
4/6-5/12 大阪市立美術館 花香鳥語-中国明清の絵画- │ 大阪市立美術館
おおさかの仏教美術2 │ 大阪市立美術館
魚拓
魚拓
目録
目録
国宝 一遍聖絵時宗の名宝
(前期)
4/13-5/12
記念講演会 ① 4/13 時宗教団の変遷 ② 4/27 一遍・真教の念仏思想
4/28 時宗声明と踊躍念仏
京都国立博物館 特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念国宝 一遍聖絵と時宗の名宝|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
国宝の殿堂
藤田美術館
(前期)
4/13-5/12
公開講座4/20 藤田傳三郎と藤田美術館 伝統と未来
奈良国立博物館 国宝の殿堂 藤田美術館展|奈良国立博物館 魚拓 目録
旅する画僧・金谷
(後期)
4/16-5/12
4/21「横井金谷筆「洛東春興図」の修理について」
草津宿街道交流館 宿場日和(草津宿だより) - 春季展「旅する画僧・金谷―近江が生んだ奇才―」開催! 魚拓 目録
ある日の都路華香
(後期)
4/16-5/12
講演会 4/28 華香の人と芸術(要事前申込)
八幡市立松花堂美術館 主要な催し物|松花堂庭園・美術館 魚拓 目録
四条派への道
呉春を中心として
(後期)
4/25-5/12 西宮市大谷記念美術館 四条派への道 呉春を中心として|西宮市大谷記念美術館 魚拓 目録
ル・コルビュジエ
絵画から建築へ――ピュリスムの時代
2/19-5/19 国立西洋美術館 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ――ピュリスムの時代|今後の展覧会予定|国立西洋美術館 魚拓 目録
大徳寺龍光院
国宝曜変天目と破草鞋
(後期)
4/23-5/19
講演会 ④ 4/29 龍光院宝物の魅力
MIHO MUSEUM 大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋(はそうあい) – MIHO MUSEUM 魚拓 目録
河鍋暁斎
(後期)
4/30-5/19 兵庫県立美術館 兵庫県立美術館 特別展「没後 130年 河鍋暁斎」展 魚拓 目録
手塚雄二展 5/8-5/20 京都タカシマヤ 7階グランドホール ([京都タカシマヤ|7階催会場・グランドホール 魚拓 目録
ヨルク・シュマイサー
終わりなき旅
4/13-6/2 奈良県立美術館 特別展 ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅/奈良県公式ホームページ
ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅(展覧会公式カタログ)|求龍堂
魚拓 目録
川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎 4/26-6/2 京都国立近代美術館 京都新聞創刊140年記念 川勝コレクション 鐘溪窯 陶工・河井寬次郎|京都国立近代美術館 魚拓 目録
仏像と神像へのまなざし 4/27-6/2 和歌山県立博物館 2019年度の展覧会のご案内 魚拓 目録
吉村芳生 超絶技巧を超えて 5/11-6/2 美術館「えき」KYOTO 美術館「えき」KYOTO 魚拓 目録
堀江友聲−京に挑んだ出雲の絵師 4/24-6/3 島根県立美術館 島根県立美術館|年間スケジュール 魚拓 目録
85周年記念 白鶴美術館の中国陶磁器
コーカサスの絨毯
3/5-6/9
5/3 85周年記念特別講演会「戦後日本における中国陶磁器を語る―蒐集・鑑賞・研究・展示―」
白鶴美術館 2019年 春季展~本館~|白鶴美術館
2019年 春季展~新館~|白鶴美術館
魚拓
魚拓
目録
坂本繁二郎 4/6-6/9 久留米市美術館 没後50年 坂本繁二郎展|久留米市美術館|石橋文化センター 魚拓 目録
美を競う 肉筆浮世絵の世界 4/27-6/9 京都文化博物館 美を競う 肉筆浮世絵の世界 | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
国宝 一遍聖絵時宗の名宝
(後期)
5/14-6/9
記念講演会 ⑤ 5/25一遍聖絵に見る聖性と熊野信仰
京都国立博物館 特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念国宝 一遍聖絵と時宗の名宝|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
国宝の殿堂
藤田美術館
5/14-6/9
公開講座5/25 藤田美術館の仏教美術コレクション
奈良国立博物館 国宝の殿堂 藤田美術館展|奈良国立博物館 魚拓 目録
ロマンティック・ロシア 4/27-6/16 岡山県立美術館 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア|Bunkamura 魚拓 目録
富士を見る 3/16-6/30 樂美術館 樂焼 RAKU WARE|樂美術館 - 展覧会案内 魚拓 目録
文房四宝-清閑なる時を求めて 4/6-6/30 大阪市立東洋陶磁美術館 展覧会情報|展覧会情報|大阪市立東洋陶磁美術館 魚拓 目録
LOVE (your) LIFE! まいにちがアート 4/27-6/30 和歌山県立近代美術館 LOVE (your) LIFE! まいにちがアート - 和歌山県立近代美術館 魚拓 目録
白いやきもの
(前期)
絵巻を写す
(前期)
幽美を求めて ― 墨から墨まで ―
(前期)
6/1-6/30 大阪市立美術館 白いやきもの │ 大阪市立美術館
絵巻を写す │ 大阪市立美術館
幽美を求めて ― 墨から墨まで ― │ 大阪市立美術館
魚拓
魚拓
魚拓
目録
目録
目録
特集展示 新収品お披露目展 5/8-7/8
火休館
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:展示・イベント:特集展示 魚拓 目録
羅漢さん 仏教を護る聖者たち 5/18-7/15 香雪美術館 今後の開催予定 : 展覧会|香雪美術館 魚拓 目録
謎の蒔絵師 永田友治 6/8-7/15 MIHO MUSEUM 謎の蒔絵師 永田友治(ながた ゆうじ) – MIHO MUSEUM 魚拓 目録
印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション 6/1-7/21 兵庫県立美術館 芸術の館 兵庫県立美術館 / hyogo prefectural museum of art artm
印象派からその先へ ― 世界に誇る吉野石膏コレクション|全国巡回展情報|インターネットミュージアム
魚拓 目録
ミニ企画展 石田友汀 知られざる技巧派御用絵師 6/11-7/28 大津市歴史博物館 ミニ企画展案内|企画展示|大津市歴史博物館 魚拓 目録
トルコ至宝展 6/14-7/28 京都国立近代美術館 トルコ文化年2019 トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美|京都国立近代美術館 魚拓 目録
白いやきもの
(後期)
絵巻を写す
(後期)
幽美を求めて ― 墨から墨まで ―
(後期)
7/16-7/28 大阪市立美術館 白いやきもの │ 大阪市立美術館
絵巻を写す │ 大阪市立美術館
幽美を求めて ― 墨から墨まで ― │ 大阪市立美術館
魚拓
魚拓
魚拓
目録
目録
目録
茶席を彩る 中国のやきもの 5/25-8/4 中之島香雪美術館 今後の開催予定|中之島香雪美術館 魚拓 目録
特集展示新収蔵展 7/2-8/4 京都国立博物館 これからの特別企画・特集展示|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
特集展示赤ってじつはどんな色? 7/2-8/12 京都国立博物館 これからの特別企画・特集展示|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
横山華山展 7/2-8/17 京都文化博物館 特別展スケジュール | 京都府京都文化博物館
横山華山 Kazan - A Superb Imagination at Work|東京ステーションギャラリー 2018年9月22日(土)
魚拓
魚拓
目録
メスキータ 7/2-8/18 東京ステーションギャラリー 東京ステーションギャラリー - TOKYO STATION GALLERY - 魚拓 目録
特集展示 「漣」を生んだ風景 7/10-8/19
火休館
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:展示・イベント:特集展示 魚拓 目録
岩合光昭写真展 こねこ 8/2-8/26 美術館「えき」KYOTO 美術館「えき」KYOTO 魚拓 目録
ニューヨーク・アートシーン 滋賀県立近代美術館コレクションを中心に 6/8-9/1 和歌山県立近代美術館 2019年度展覧会予定 - 和歌山県立近代美術館 魚拓 目録
原三溪の美術
伝説の大コレクション
7/13-9/1 横浜美術館 横浜美術館開館30周年記念 生誕150年・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション | 開催中の展覧会・予告 | 展覧会 | 横浜美術館 魚拓 目録
室町将軍 - 戦乱と美の足利十五代 - 7/13-9/1 九州国立博物館 九州国立博物館|展示案内:展示室の年間予定 魚拓 目録
紫香楽宮甲賀の神仏 7/27-9/1 MIHO MUSEUM 紫香楽宮と甲賀の神仏 – MIHO MUSEUM 魚拓 目録
浮世絵ねこの世界展 7/27-9/8
火休館
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:展示・イベント:特別展 魚拓 目録
特別企画京博委託の名宝 8/14-9/16 京都国立博物館 これからの特別企画・特集展示|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
松方コレクション展 6/11-9/23 国立西洋美術館 今後の展覧会予定|国立西洋美術館 魚拓 目録
ギュスターヴ・モロー 7/13-9/23 あべのハルカス美術館 ギュスターヴ・モロー展|あべのハルカス美術館 魚拓 目録
風俗画と美人画
よそおう ― 化粧道具 ―
よそおいをうつす ― 和鏡 ―
天上超脱の書 ― 江戸の四僧 ―
油絵祭り2019—静かに成長する洋画コレクション―
8/10-9/29 大阪市立美術館 風俗画と美人画 │ 大阪市立美術館
よそおう ― 化粧道具 ― │ 大阪市立美術館
よそおいをうつす ― 和鏡 ― │ 大阪市立美術館
天上超脱の書 ― 江戸の四僧 ― │ 大阪市立美術館
油絵祭り2019—静かに成長する洋画コレクション― │ 大阪市立美術館
魚拓
魚拓
魚拓
魚拓
魚拓
目録
目録
目録
目録
目録
東京富士美術館所蔵 百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 8/25-9/29 京都文化博物館 特別展スケジュール | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
京の歴史をつなぐ 8/29-9/29 京都文化博物館 特別展スケジュール | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
企画展 真景図―旅する画家が見た風景― 8/31-10/6 和歌山県立博物館 2019年度の展覧会のご案内 魚拓 目録
フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア
コレクション・カッコネン
7/13-10/14 大阪市立東洋陶磁美術館 展覧会スケジュール|展覧会情報|大阪市立東洋陶磁美術館
大阪市:報道発表資料 大阪市立東洋陶磁美術館 日本フィンランド外交関係樹立100周年記念 特別展「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア―コレクション・カッコネン」を開催します
(魚拓)
魚拓
目録
恐竜博2019 7/13-10/14 国立科学博物館 恐竜博2019 THE DINOSAUR EXPO 2019 (魚拓) 目録
ドレス・コード?――着る人たちのゲーム 8/9-10/14 京都国立近代美術館 ドレス・コード?――着る人たちのゲーム|京都国立近代美術館 魚拓 目録
特集展示商都大阪の文化力 8/21-10/14
火休館
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:展示・イベント:特集展示 魚拓 目録
ルート・ブリュック展 9/7-10/20 伊丹市立美術館 年間スケジュール|伊丹市立美術館
展覧会概要|RUT BRYK
(魚拓) 目録
コレクション展 2019-秋
滋賀県立近代美術館所蔵品より みやこの洗練 明治の京都画壇
生誕130年記念 せんぱん ー前川千帆の版画ー
9/10-10/20 和歌山県立近代美術館 2019年度展覧会予定 - 和歌山県立近代美術館 魚拓 目録
画家「呉春」―池田で復活!
(前期)
9/14-10/20 逸翁美術館 池田市市制80周年記念 画家「呉春」―池田で復活!|逸翁美術館|阪急文化財団 魚拓 目録
チェコジャポニスム
時代の転換と美術 「大正」とその前後
9/18-10/20 和歌山県立近代美術館 2019年度展覧会予定 - 和歌山県立近代美術館 魚拓 目録
聖域の美 中世寺社境内の風景
(前期)
10/5-10/27 和文華館 展覧会|大和文華館 魚拓 目録
聖域の美 中世寺社境内の風景
(後期)
10/29-11/17 和文華館 展覧会|大和文華館 魚拓 目録
大津南部の仏像-旧栗太郡の神仏-
大津絵-ヨーロッパの視点から-
10/12-11/24 大津市歴史博物館 企画展案内|企画展示|大津市歴史博物館 魚拓 目録
流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美 10/12-11/24 京都国立博物館 特別展 流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
徳川家入国400年記念特別展 徳川頼宣紀伊徳川家の名宝 10/19-11/24 和歌山県立博物館 2019年度の展覧会のご案内 魚拓 目録
決定版・刀装具鑑賞入門 10/5-12/1
火休館
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:展示・イベント:特別展 魚拓 目録
仏像 中国・日本 10/12-12/1 大阪市立美術館 【予告】仏像 中国・日本 │ 大阪市立美術館 魚拓 目録
開校100年 きたれ、バウハウスー造形教育の基礎ー 10/12-12/1 西宮市大谷記念美術館 展覧会|西宮市大谷記念美術館 魚拓 目録
交流の軌跡 ―初期洋風画から輸出漆器まで 10/12-12/8 中之島香雪美術館 今後の開催予定|中之島香雪美術館 魚拓 目録
画家「呉春」―池田で復活!
(後期)
10/26-12/8 逸翁美術館 池田市市制80周年記念 画家「呉春」―池田で復活!|逸翁美術館|阪急文化財団 魚拓 目録
The 備前 9/14-12/15 MIHO MUSEUM The 備前 – MIHO MUSEUM 魚拓 目録
ラファエル前派の軌跡展 10/5-12/15 あべのハルカス美術館 ラファエル前派の軌跡展|あべのハルカス美術館 魚拓 目録
円山応挙から近代京都画壇へ 11/2-12/15 京都国立近代美術館 展覧会 2019(平成31)年度|京都国立近代美術館 魚拓 目録
武将と茶の湯 10/26-12/20 香雪美術館 今後の開催予定 : 展覧会|香雪美術館 魚拓 目録
国宝彦根屏風と国宝松浦屛風 11/22-12/25 和文華館 展覧会|大和文華館 魚拓 目録
特集展示新発見!なにわの考古学2019 10/16-2020/1/6
火休館
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:展示・イベント:特集展示 魚拓 目録
みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術 10/12-2020/1/13 京都文化博物館 特別展スケジュール | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
新春特集展示子づくし 2020/1/2-2020/2/2 京都国立博物館 これからの特別企画・特集展示|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
特集展示京都御所障壁画 紫宸殿 2020/1/2-2020/2/2 京都国立博物館 これからの特別企画・特集展示|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
カラヴァッジョ展 12/26-2020/2/16 あべのハルカス美術館 カラヴァッジョ展|あべのハルカス美術館 魚拓 目録
特集展示押絵「西国三十三所音霊験記」と生人形 2020/1/8-2020/3/2
火休館
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:展示・イベント:特集展示 魚拓 目録
近世上方の絵画 12/17-2020/3/15 中之島香雪美術館 今後の開催予定|中之島香雪美術館 魚拓 目録
インポッシブルアーキテクチャー もうひとつの建築史 2020/1/7-2020/3/15 国立国際美術館 今後の展覧会|展覧会|NMAO:国立国際美術館 魚拓 目録
特集展示神像と獅子・狛犬 2020/1/2-2020/3/22 京都国立博物館 これからの特別企画・特集展示|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
特集展示雛まつりと人形 2020/2/15-2020/3/22 京都国立博物館 これからの特別企画・特集展示|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
猿描き狙仙三兄弟 —鷄の若冲、カエルの奉時も 2020/2/26-2020/4/5
火休館
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:展示・イベント:特別展 魚拓 目録
江戸時代の琵琶湖水運 2020/2/29-2020/4/12 大津市歴史博物館 企画展案内|企画展示|大津市歴史博物館 魚拓 目録
国宝東塔大修理落慶記念
薬師寺
2020/2/28-2020/4/19 あべのハルカス美術館 開館5周年記念 年間パスポートのご案内(枚数限定)|あべのハルカス美術館 魚拓 目録
特集展示発掘成果から考える 近世都市「おおさか」の食文化 2020/3/4-2020/5/11
火休館
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:展示・イベント:特集展示 魚拓 目録
京都祇園祭 2020/3/24-2020/5/17 京都文化博物館 特別展スケジュール | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録

日本画家・福田眉仙とその周辺 @ 西宮市大谷記念美術館




受贈記念 日本画家・福田眉仙とその周辺|西宮市大谷記念美術館

実質的に、西宮市大谷記念美術館の日本画系の所蔵品展でした。
福田眉仙はまあまあ。これはスゴイ、という印象までは受けなかったです。でも観に行って損しなかった。なお福田眉仙の出品図録代わりのリーフレットが500円で販売されていました。
列品の所蔵品には良いものが散見されました(追記予定)。

今日の庭は蝋梅メイン

どの季節に来てもこの庭はイイですね。いまは蝋梅の良い香りで満たされていました。通りがかりの庭師さん曰く「今年は花付きが悪い」。昨秋の台風が全ての元凶ですね、仕方ないです。

日曜講演 『山口晃 親鸞 全挿画集』が出来るまで @ 西本願寺

講演会があることを当日未明に知りました…w




2月3日【日曜講演】『山口晃 親鸞 全挿画集』が出来るまで(講師:山口晃 師) | お知らせ|龍谷山 本願寺【お西さん(西本願寺)】-本願寺への参拝(参る・知る・観る)


相変わらずの山愚痴節炸裂でした。本編も脱線も面白かったです。内容に関しては、非公開にすべき点も幾つか…w

そして講演後、「親鸞 全挿画集」にサインを頂きました。
10年前の大山崎での展覧会

に併せて開催された講演会(@キャンパスプラザ京都)の後に、大垣書店で購入した「山口晃作品集」にサインを頂いたのですが、その際にカミさんを入れてほしいと伝えたらサササと描いてくださいました。今回その話をしたら、やはりカミさんを入れてくださり嬉しかったです。「相も変わらずで」と仰ってましたが、ファンとしては変わらないのが良いのですよ。

10年前「山口晃作品集」に
今回「親鸞 全挿画集」に

山口晃さん読んでますかー^^

エゴサーチしておられるとのことなのでw あべのハルカス美術館での雛祭りの日に開催される(山下裕二さんとの)トークショーも行きますよー^^

驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ @ あべのハルカス美術館




驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ | あべのハルカス美術館




展覧会:「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」 大阪・あべのハルカス美術館で、あす開幕 - 毎日新聞

会期は1/26からなので混み合うよりも前の早めに行ったつもりだったが、それでも混み合ってました。国立博物館などでの大規模展ほどは並びませんけど。まあ細かい小品ばかりなので仕方ないですよね。
様々な超絶技巧の作品が展示されていたけど、結局のところ、普段身近でみかけるものを思いもよらない素材でつくってある、というものに惹かれますね。ということでやはり安藤緑山イチオシ。現代作家では前原冬樹・臼井良平など。春田幸彦は「普段見かける」からは少し飛びだしたものだったけど、どう見ても革素材なものをやきもので作っているのがすごい。
なお、あべのハルカス美術館の展示空間で外が見える状況だったのは初めてなので少し驚いた。その外光に照らされて臼井良平のガラス作品を見るのはかなり良かったです。

国際特別講演会 日本と韓国の仏画の新解釈―国宝「子島曼荼羅」と重要文化財 鏡神社所蔵「高麗水月観音図」を中心に― @ 京博




楊柳観音菩薩 (国重文指定) | 松浦総社 鏡神社


子島寺

「サムネイル」とは32400画素以下なのだそうで

おことわり

私は弁護士でも弁理士でもないので、内容に誤りが含まれている場合があります。ご注意ください。

展覧会を開催する美術館など向けの改正

今年(2019年)元日付で改正著作権法が施行されました。

この中で「アーカイブの利活用促進に関する権利制限規定の整備等」という改正項目があります。

(4)アーカイブの利活用促進に関する権利制限規定の整備等

[2]作品の展示に伴う美術・写真の著作物の利用(第47条関係)
 技術進歩に伴う見直しとして(中略)同様に近年の情報通信技術の発展により,美術館等に行く際に,施設のウェブサイトやメールマガジン等で展示作品の情報を調べることが一般的になっていることを踏まえ,展示作品に関する情報を広く一般公衆に提供することを目的とする場合には,必要と認められる限度において当該作品に係る著作物のサムネイル画像(作品の小さな画像)をインターネットで公開できること等を規定(第3項)しています。

改正前は展覧会の展示作品の情報(つまりは作品画像)に関しては、著作者の権利を侵害しないようにWebサイトには載せられなかったのですが、今回の法改正で「必要と認められる限度において当該作品に係る著作物のサムネイル画像をインターネットで公開できる」ことになったわけです。

んでサムネイル画像ってどの程度のサイズなのよ

サムネイル画像のサイズに関して、日本博物館協会のサイトで法改正ガイドラインが1/24付けで出されていました*1。そこにはサムネイルに関してこう定義されています。

(定義)

④ サムネイル
・サムネイルとは、32,400画素以下の画像を指す。

で。この32400画素以下ってのはどこから出てきたのか。
結論を言えば著作権法施行規則からです*2

第五章 著作物の表示の大きさ又は精度に係る基準
第四条の二 (略)
2 令第七条の二第二号イの文部科学省令で定める基準は、次に掲げるもののいずれかとする。
一 デジタル方式により法第四十七条の二(法第八十六条第三項において準用する場合を含む。以下この項及び次項において同じ。)に規定する公衆送信*3を行う場合において、当該公衆送信により送信される著作物に係る影像を構成する素数が三万二千四百以下であること。
二 前号に掲げる基準のほか、法第四十七条の二に規定する公衆送信を受信して行われる著作物の表示の精度が、同条に規定する譲渡若しくは貸与に係る著作物の原作品若しくは複製物の大きさ又はこれらに係る取引の態様その他の事情に照らし、これらの譲渡又は貸与の申出のために必要な最小限度のものであり、かつ、公正な慣行に合致するものであると認められること。

著作権法47条の2が挙げられていますが、これは「インターネット・オークション等の商品紹介用画像の掲載のための複製」に関する条項なのです。
展覧会出品作品紹介用の「サムネイル」を、オークション商品紹介用でのサムネイル画像と同じ画素数にするのはどうなのかなあ、と思います。もう少し細かめでもいいですよねえ。個人的にはサムネイルは320×240(76800画素)ぐらいなんだけどな。

32400画素とは具体的にどれくらいなのか

32400画素ってのは、4対3の横長画像だと207×155*4が上限なんですよね。
これは先日行った京都国立近代美術館の常設展の展示作品を撮影したものを207×155に縮小した画像です。

f:id:riocampos:20190111190915j:plain
井上永悠「楚香」
…うーむ、もうちょっと大きく掲示してほしいなあ。

おまけ:320×240だと

これぐらいになります。

f:id:riocampos:20190111190916j:plain
井上永悠「楚香」
やはりこれぐらいの画素数が欲しいなあ。

*1:策定は1/22。策定団体は(一社)日本美術家連盟、(一社)日本美術著作権連合、(一社)日本写真著作権協会、(公財)日本博物館協会、全国美術館会議、(一社)日本書籍出版協会

*2:なおこの部分の改正は平成21(2009)年に行われました。改正概要はこちら→著作権法施行規則の一部を改正する省令(平成21年省令第38号)の概要

*3:なお著作権法上の「公衆送信」ってのは

第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
七の二 公衆送信 公衆によつて直接受信されることを目的として無線通信又は有線電気通信の送信電気通信設備で、その一の部分の設置の場所が他の部分の設置の場所と同一の構内(その構内が二以上の者の占有に属している場合には、同一の者の占有に属する区域内)にあるものによる送信(プログラムの著作物の送信を除く。)を除く。)を行うことをいう。
とあります。まあインターネット公開されている状況だと思えばいいんじゃないでしょうか。

*4:207×155 = 32085画素

堺に生まれた女性日本画家 島成園 @ さかい利晶の杜

島成園展



「堺に生まれた女性日本画家 島成園」を開催いたします | さかい利晶の杜

島成園は堺出身で大阪市内育ち、その後は上村松園、池田蕉園*1とともに「三都三園」と呼ばれた、大正時代の人気「閨秀画家」です。よく知られているようにその後は松園のみが日本画界の重鎮として残り、残り二人は忘れられた女性画家になりました。
ですが成園の描き方はあるときかなりクセのある画風に変化しました、そしてその直後に結婚して表舞台から下がったために消え去りましたが、そのクセある画風は長く後まで遺るものだったわけで、おかげで今でも展覧会が開催される画家として生き残っているのだと思います。

さかい利晶の杜

今回初めて訪れました。堺市立病院跡だそうで、しかも東隣が千利休屋敷跡です。近くには与謝野晶子である駿河屋跡(道の拡幅で石碑のみ残る)もあります。
展示内容は堺市博物館と重複するところもありますが、堺の中心地における歴史を語るためにはその場所に近い方が好ましいので、この場所に施設があるのはとても適切であると思いました。

与謝野晶子記念館

建物の二階の半分が与謝野晶子記念館、残りが島成園展が行われた特別展示室になっています。

千利休茶の湯

建物の一階が千利休茶の湯館になっています。シアター部分があり、現在は15代目の楽吉左衛門が利休と堺について語る映像が流されていました。

黄金の茶室

一階廊下部分の突き当たりに、京都市から借りた「黄金の茶室」が置いてありました。


企画展「黄金の茶室がやってきた」を開催いたします | さかい利晶の杜

実は翌日からの企画展示だったようで、館の担当者が報道関係者へいろいろ語っておられましたが、黄金の茶室自体は(おそらく企画展示の状況と同様に)自由に見ることが出来ました。

喫茶

立礼の茶室があります。当日の担当は裏千家でした。
男女お二人の担当者のうち女性がお茶を点て、男性が話題を提供する、というような場を作っておられました。一人で行ったので話しかけてくれていたのだと思います。


茶の湯体験施設 | さかい利晶の杜

お菓子の銘は「やぶ椿」でした。乾いて居らず、おいしく頂きました。


立礼茶席のお菓子のご紹介 | さかい利晶の杜

天神餅さんのお店へは行きませんでした。でも近いから行けば良かったなあ。


大阪堺の 御菓子司 「天神餅」

立礼茶席で使っておられたお抹茶のお店である松倉茶舗さんへは行きました。薄茶がホントおいしかったです。

*1:松園も蕉園も読みはどちらも「しょうえん」です。