子子子子子子(ねこのここねこ)はてブロ部

Macネタが主のIT記事と、興味ある展覧会リストや観覧感想などを書いてますよ。自転車ロードレースも好き。

仁和寺「三十帖冊子」、元所蔵の東寺から携帯逃亡さる(オチなし

今日「京の国宝」展へ(何度目か分かりませんが)京博まで観に行きました。今週一週間だけ展示の3作品のためです。今週を終えると京博はしばらく休館して10/9から「畠山記念館の名品展」です。今日から前売り開始です。なので平常展は来年までありません。寂しい…。



きっかけツイート

先日「京の国宝」で検索していたときに、このようなツイートを見掛けました。

出品一覧に載っている「12:京都府古社寺什宝調査録」は後期のみの出品でした。見開き展示の左ページに「名稱 聖教三十冊及筥」とあり「あ、仁和寺の三十帖冊子のことだな」と思って内容を読まずにザッと通り過ぎていました。
でも内容が面白いと書いてあればやはり気になります。ということで今回改めて読み直したところ、かなり面白かったので書き写しましたw 話は途中までしか書かれていないので続きが気になりますが、いずれ調べてみたいと思います。

翻刻

改行位置も記録したのでそのまま記します。

名稱
聖教三十冊及筥
所有者所有地
京都府葛野郡花園村大字御室 仁和寺
作者傳来
寺傳云弘法大師入唐將来品ナリシ又云此聖教丗冊其先ハ教王護
國寺の什寶ナリシカ髙野山金剛峰寺ハ大師終焉ノ地ニシテ大師將
来品手澤品*1等モ多クアレハ此聖教モ亦同寺ニ傳クヘキモノナリ
ト其譲與ヲ教王護國寺ニ迫リシモ教王護國寺ニテハ由緒ヲ述ヘ
其請ヒヲ容レサリシニ髙野山ノ某僧深ク之ヲ恨ミ教王護國寺ヲ欺
キテ借リ出シ携帯逃亡シタレハ教王護國寺ニテハ大ニ驚キ官ニ訴
ヘテ其裁断ヲ仰シニ官ニ於テハ金剛峯寺ニ對テ速ニ返戾スヘキ
*2ヲ令シ一方ニハ逃亡セシ髙野山ノ僧ノ所在ヲ穿鑿*3セシメラレシ河内

感想など

それにしても高野山の僧の論理が強引ですね。「ウチは弘法大師の終焉の地、大師由来の品も多くあるのだ。この三十帖冊子も高野山にあるべきだ!ウチに譲れ!」そりゃ東寺も嫌がりますよw しかもそのあとそれを逆恨みして「東寺を欺して借り出し、携帯して逃亡」…。
ページ終わりが「河内」になってますけど、このあと河内で何があったんでしょうね…知りたいですw

なお「京の国宝」展の図録の「23:三十帖冊子」の解説には以下のようにあります。

伝来は、附属文書である左弁官下文の写し、ならびに「三十帖策子々細」、行遍僧正の消息などに詳しい。これらによると、空海入定の際に高弟の実恵、真雅の両人に託して東寺経蔵に納めさせたが、高野山第二世座主真然が貞観十八年(876)に高野山へ持ち帰り、東寺からの再三の返却催促にも応じなかった。その後、諸処に分散して散逸したが、右大臣藤原忠平はこれを惜しみ、勅命により大僧都観賢に収集させ、その大部分をまとめることができて、延喜十九年(919)十一月、東寺の経蔵に安置して長者に守護させることとした。その後、文治二年(1186)仁和寺守覚法親王(1150〜1202)が東寺より借用して、それ以降仁和寺に伝来している。

高野山の僧(しかも座主の指示!)が借りパクした上に散逸させ、その後は仁和寺のエラい人が箱ごと借りパクしてそのまま現代まで…。昔の人は何かと乱暴ですね。

また三十帖冊子を納める箱である「24:宝相華迦陵頻伽蒔絵冊子箱」の解説には

東宝記」には文治二年(1186)に仁和寺守覚法親王(1150〜1202)に貸し出されたまま返納されないともあり

と書いてあります。もしや「京の国宝」展の別室に「55:東宝記」が展示してあったのはこのこともあったのかしら(ちゃんと読んでない…)。

いろいろと面白かったです。ハイ。

*1:手沢:手あかで出たつや。転じて、身近に置いて愛用した物。(大辞林第四版)

*2:「旨」の俗字

*3:せんさく:細かい点までうるさく尋ねて知ろうとすること。/細かいところまで十分調べること。(大辞林第四版)

三の丸尚蔵館の展覧会図録リスト

昨日、Twitter 鍵垢のツイートで、三の丸尚蔵館の展覧会図録が pdf で公開されている、という情報を知りました。なんと所蔵品展の大半の図録が公開されている*1じゃないですか!ありがたいありがたい。

しかし、展覧会図録の pdf は一部の図版が省かれていることに気付きました(でも文章が省かれていないのはありがたい)。そこで、どのくらい図版が省かれているか確認作業してみました。近代の作家の作品は没後50/70年まで影響する著作権法に従い省かれているのでしょう。しかし著作権が関係しない作品も図版が掲載されていない場合もあります。なんとなくですが、天皇や皇族の肖像画、宸翰や皇族の書、皇族の装束など、そして御物が掲載されていないような印象を受けました。

ということで、以下に三の丸尚蔵館で開催された展覧会サイトへのリンクと、図録pdfファイルへのリンクを張りました(もちろん、このはてなブログを書いた2021/9/8時点のものです)。また図版の有無についても(規準あいまいに)コメントつけてみました。参考になれば幸いです。なお、頁数は pdf 上のページです。見開きも1ページになっている場合があります。そのため冊子の頁数とは異なります。

なお個人的なオススメ図録は

です。悪いこと言わんから、この三つはダウンロードしとけ。

第1回 宮廷文化の華 平成5年11月3日~
12月19日
pdf
65頁
70.5MB
全ての図版あり
第2回 慶賀によせて 平成6年1月4日~
2月20日
pdf
66頁
57.4MB
横山大観・山口蓬春・堂本印象作品の図版なし
第3回 花鳥の美―若冲から近代まで 平成6年3月8日~
6月12日
pdf
98頁
80.3MB
全ての図版あり
第4回 古記録にみる王朝儀礼 平成6年7月5日~
8月28日
pdf
55頁
33.5MB
公事録附図のみ図版あり
第5回 絵巻―蒙古襲来絵詞、絵師草紙、北野天神縁起 平成6年10月8日~
12月11日
pdf
64頁
88.7MB
全ての図版あり
第6回 明治美術再見Ⅰ―明治美術会と日本金工協会の時代 平成7年1月4日~
3月5日
pdf
75頁
53.4MB
全ての図版あり
第7回 日本と中国の美術―16世紀までの名品から― 平成7年3月25日~
6月18日
pdf
74頁
66.6MB
全ての図版あり
第8回 をくり―伝岩佐又兵衛の小栗判官絵巻― 平成7年7月8日~
9月10日
pdf
62頁
71.1MB
全ての図版あり
第9回 明治美術再見Ⅱ―[日本画]の黎明 明治十年代~
二十年代
平成7年9月23日~
12月14日
pdf
88頁
69.6MB
狩野永悳作品の図版なし
第10回 海を渡ってきた贈り物―金銀の輝き 平成8年1月6日~
3月10日
pdf
36頁
69.6MB*2
全ての図版あり
第11回 明治美術再見Ⅲ―近代日本画への途 明治三十年代~
大正初期
平成8年3月26日~
6月16日
pdf
83頁
61.6MB
全ての図版あり
第12回 近代日本彫刻の一潮流―保守伝統派の栄光 平成8年7月6日~
9月8日
pdf
83頁
60.0MB
斎藤素巌作品の図版なし
第13回 旧桂宮家伝来の美術-雅と華麗 平成8年9月21日~
12月8日
pdf
78頁
59.2MB
八条宮智仁親王八条宮智忠親王・京極宮家仁親王の肖像、八条宮智仁親王八条宮智忠親王・京極宮家仁親王・京極宮公仁親王の書、その他一部の書、参考図面のうち他館所蔵作品の図版なし
第14回 ヨ―ロッパの近代美術-歴史の忘れ形見 平成9年1月7日~
3月9日
pdf
44頁
29.4MB
一部の作品の図版なし
第15回 横山大観の時代 1920s-40s 平成9年3月25日~
6月15日
pdf
54頁
38.8MB
一部の作品の図版なし
第16回 近世絵巻の興起―<物語り>絵の諸相 平成9年7月5日~
9月7日
pdf
41頁
43.8MB
竹取物語絵巻、御伽草子の図版なし
第17回 近代日本の陶磁 技巧主義から個性の発露へ 平成9年9月20日
12月7日
pdf
60頁
37.8MB
田村耕一、加藤土師萌、楠部彌弌作品の図版なし
第18回 志士たちの書画 平成10年1月10日~
3月8日
pdf
48頁
33.2MB
全ての図版あり
第19回 開館5周年記念 雅・美・巧―収蔵の名品 平成10年3月21日~
12月13日
第20回 民族のこころと形 平成11年1月9日~
3月14日
pdf
42頁
24.2MB
タンザニアコンゴー、中央アフリカ(一部)、ガボンセネガルパナマブルガリアの作品の図版なし
御即位10年記念特別展 第1回展 慶祝の風景けしき 平成11年3月27日~
5月16日
御即位10年記念特別展 第2回展 宸翰と日本文化の伝統 平成11年6月5日~
7月25日
御即位10年記念特別展 第3回展 御慶事のかたち 平成11年8月7日~
10月17日
御即位10年記念特別展 第4回展 饗宴―伝統の美 平成11年11月14日~
11月28日
御即位10年記念特別展 第5回展 伝統の継承―今日の皇室 平成11年12月4日~
12月23日
御即位10年記念特別展 第6回展 饗宴-近代のテ―ブル・ア―ト 平成12年1月15日~
2月6日
日蘭交流400年記念特別展 オランダ王室コレクションによる
ウィレム5世の時代―18世紀後期のオランダ宮廷美
平成12年2月27日~
4月9日
第21回 よろこびの小箱―ボンボニエ-ルの意匠美 平成12年4月29日~
8月6日
pdf
78頁
44.2MB
全ての図版あり
第22回 宮廷装束の美―江戸から明治へ― 平成12年9月23日~
12月10日
pdf
64頁
24.0MB
天皇東宮御装束図のみ図版あり
第23回 明治美術再見Ⅳ 記録の芸術―山本芳翠とその時代 平成13年1月13日~
3月4日
pdf
84頁
50.6MB
五姓田義松、山本芳翠(一部)の図版なし
第24回 明治美術再見Ⅴ 日本画―江戸の名残・京の薫 平成13年3月31日~
6月17日
pdf
67頁
49.0MB
全ての図版あり
第25回 近衛家熈-風雅の探求 平成13年7月7日~
9月9日
pdf
63頁
41.7MB
参考作品の図版なし
第26回 宮中の調度-棚と棚飾り 平成13年9月29日~
12月9日
pdf
91頁
66.9MB
参考作品と「鳳凰菊蒔絵螺鈿飾棚・鶴桐蒔絵螺鈿飾棚 付属棚飾り」の一部の図版なし
第27回 工芸風土記・壱 ―諸国やきものめぐり 平成14年1月12日~
3月10日
pdf
75頁
41.0MB
約半分の作品の図版なし
第28回 江戸の美意識-絵画意匠の伝統と展開 平成14年3月26日~
6月9日
pdf
78頁
73.8MB
「貴重冊子本の表紙意匠」と論文挿図の図版なし
第29回 細工・置物・つくりもの-自然と造型 平成14年7月6日~
9月8日
pdf
66頁
36.6MB
一部の作品の図版なし
第30回 どうぶつ美術園―描かれ,刻まれた動物たち 平成15年3月29日~
6月15日
pdf
91頁
73.6MB
タンザニア壺作品と香取正彦作品の図版なし
第31回 工芸風土記 弐 ―木・竹・漆工の世界 平成15年7月5日~
9月7日
pdf
65頁
33.5MB
約半分の作品の図版なし
第32回 明治の宮中デザイン―和中洋の融和の美を求めて 平成15年9月27日~
12月14日
pdf
106頁
72.2MB
一部の作品の図版なし
第33回 若松と菊―旧秩父宮家いつくしみの品々― 平成16年1月6日~
3月7日
pdf
115頁
64.2MB
一部の作品、参考作品、風景写真の図版なし
第34回 近代日本の置物と彫刻と人形と―豊饒なる立体像の世界 平成16年3月27日~
6月13日
pdf
84頁
51.8MB
一部の作品の図版なし
第35回 七宝工芸の近代 平成16年7月3日~
9月5日
pdf
84頁
57.4MB
一部の作品の図版なし
特別展 デンマーク王室の陶磁コレクション―ロイヤル・コペンハーゲン 平成16年9月30日~
12月12日
第36回 贈るこころ・受けとられた美―世界の国々との交流のなかで 平成17年1月8日~
2月27日
pdf
48頁
27.2MB
一部の作品、挿図の図版なし
皇后陛下古希記念特別展 皇后陛下のご養蚕と正倉院裂の復元 平成17年3月12日~
4月3日
第37回 雅楽―伝統とその意匠美 平成17年4月16日~
7月10日
pdf
105頁
55.8MB
一部の作品(楽譜・楽書類、装束の全て)の図版なし
第38回 官展を彩った名品・話題作―大正~昭和初期の絵画と工芸 平成17年7月23日~
9月25日
pdf
61頁
45.7MB
福田平八郎、山口蓬春・宇田荻邨、中川哲哉・加藤土師萌・前大峰・楠部彌弌の図版なし
第39回 やまとうた―美のこころ 平成17年10月8日~
12月11日
pdf
103頁
72.6MB
一部の作品の図版なし
第40回 花鳥―愛でる心,彩る技<若冲を中心に> 平成18年3月25日~
9月10日
pdf
114頁
97.6MB
博物誌の全ての図版なし
第41回 明治の彫金―海野勝珉とその周辺 平成18年9月23日~
12月10日
pdf
96頁
74.9MB
加納夏雄・香取勝廣《沃懸地御紋蒔絵螺鈿太刀拵》の図版なし
第42回 福やござれ―寿ことほぎの美・新春に集う 平成19年1月6日~
3月11日
pdf
63頁
43.3MB
正封勲造「伊勢海老」の図版なし
第43回 香淳皇后の御絵と画伯たち 平成19年3月27日~
6月17日
pdf
109頁
44.9MB
香淳皇后の御写真、御絵の図版なし(下絵は図版あり)
前田青邨・山口蓬春・奥村土牛・堂本印象・中村岳陵・安田靫彦小倉遊亀・田中青坪・北澤映月の作品の図版なし
第44回 京焼多彩なり―明治から昭和へ 平成19年7月7日~
9月9日
pdf
75頁
43.1MB
約半分の作品の図版なし
第45回 祝美いわいのび―大正期皇室御慶事の品々 平成19年9月29日~
平成20年3月9日
pdf
148頁
96.9MB
御飾棚・御飾品の一部の作品、金装螺鈿御飾太刀拵、ゴブラン織暖炉前衝立の図版なし
第46回 富士―山を写し,山に想う― 平成20年3月22日~
6月29日
pdf
78頁
57.7MB
堂本印象・岡田紅陽・児玉希望・前田青邨・林武・山元桜月・奥村土牛片岡球子の図版なし
第47回 帝室技芸員と一九〇〇年パリ万国博覧会 平成20年7月19日~
12月14日
pdf
105頁
86.5MB
清風與平・紹美栄祐の図版なし、参考図版の大半なし
第48回 三峰窯の思い出―宮様とやきもの 平成21年1月6日~
3月8日
pdf
76頁
41.6MB
秩父宮妃勢津子殿下の御作、写真の図版なし、加藤土師萌の図版なし
第49回 国の花,華やぐ 平成21年3月28日~
6月14日
pdf
96頁
75.9MB
一部の作品の図版なし
御成婚50年・御即位20年記念特別展 両陛下―想い出と絆の品々Ⅰ 第1期~第3期
平成21年7月11日~
12月13日
御成婚50年・御即位20年記念特別展 両陛下―想い出と絆の品々Ⅱ 第4期・第5期
平成21年12月19日~
平成22年3月22日
第50回 花ひらく個性,作家の時代-大正・昭和初期の美術工芸 平成22年3月30日~
7月4日
pdf
69頁
46.4MB
一部の作品の図版なし
第51回 虎・獅子・ライオン-日本美術に見る勇猛美のイメージ 平成22年7月17日~
9月5日
pdf
64頁
50.3MB
山鹿清華・前田青邨・香取正彦の図版なし、一部の挿図の図版なし
特別展 皇室の文庫ふみくら 書陵部の名品 平成22年9月18日~
10月17日
第52回 近代の洋画家,創作の眼差し 平成22年10月30日~
平成23年1月10日
pdf
71頁
59.5MB
有島生馬・荻須高徳の図版なし、五姓田義松・山本芳翠の参考図版なし
第53回 外国とつくにからのごあいさつ-贈られた異国の美 平成23年1月22日~
3月13日
pdf
52頁
33.7MB
一部の作品の図版なし
第54回 美術染織の精華-織・染・繍による明治の室内装飾 平成23年4月16日~
7月10日
pdf
89頁
81.5MB
明治宮殿装飾織物の図版なし、一部の参考図版なし
第55回 ひろげる,たのしむ,小粋な日本画-近代画帖がじょうの美 平成23年7月23日~
9月11日
pdf
67頁
47.6MB
一部の作品の図版なし
第56回 幻の室内装飾-明治宮殿の再現を試みる 平成23年9月23日~
12月25日
pdf
104頁
58.5MB
明治宮殿装飾織物の図版なし、一部の参考図版なし
皇后陛下喜寿記念特別展 紅葉山もみじやま御養蚕所と正倉院ぎれ復元のその後 平成24年3月3日~
4月8日
第57回 内国勧業博覧会-明治美術の幕開け 平成24年4月21日~
7月8日
pdf
91頁
63.5MB
参考図版・参考出品の図版なし
第58回 珍品ものがたり 平成24年7月21日~
9月2日
pdf
54頁
46.5MB
全ての図版あり
第59回 描き継ぐ日本美-円山派の伝統と発展 平成24年9月15日~
11月11日
pdf
72頁
57.2MB
全ての図版あり
第60回 鎌倉期の宸筆と名筆-皇室の文庫ふみくらから 平成24年11月23日~
12月22日
pdf
61頁
35.0MB
大半の作品の図版なし、天子摂関御影の図版あり
第61回 明治十二年明治天皇御下命「人物写真帖」-四五〇〇余名の肖像 平成25年1月12日~
3月10日
pdf
122頁
98.4MB
全ての図版あり
第62回 若梅に撫子-旧高松宮家と伝来の品々 平成25年3月26日~
7月15日
pdf
117頁
71.2MB
一部の肖像写真の図版なし、中川紀元・野口光彦の作品の図版なし
第63回 三笠宮家ゆかりの染織美-貞明皇后,いつくしみの御心 平成25年7月27日~
9月29日
pdf
68頁
49.8MB
全ての図版あり
第64回 開館20周年記念 美を伝えゆく-名品にみる20年の歩み- 平成25年10月12日~
11月24日
pdf
80頁
64.6MB
動植綵絵の修理写真の図版なし、一部の参考図版なし
第65回 佳麗なる近代京焼-有栖川宮家伝来,幹山伝七の逸品 平成26年3月21日~
6月22日
pdf
66頁
49.2MB
参考図版なし
第66回 明治天皇を支えた二人 三条実美と岩倉具視 - 一代絵巻が物語る幕末維新 平成26年7月19日~
9月28日
pdf
70頁
101.0MB
田中有美「明治天皇大喪儀絵巻」などの参考図版なし
天皇陛下傘寿記念特別展
天皇陛下 昭和28年欧米14か国の旅~
新たな感動と出会い~
平成26年10月18日~
12月23日
第67回 明治天皇 邦を知り国を治める - 近代の国見と天皇のまなざし 平成27年1月10日~
3月8日
pdf
98頁
55.9MB
大半の写真の図版なし
第68回 鳥の楽園-多彩,多様な美の表現 平成27年3月21日~
6月21日
pdf
86頁
60.6MB
堂本印象・瀬尾南海・串田光信・浅倉五十吉(二代)の作品の図版なし、香淳皇后の御絵の図版なし
第69回 絵巻を愉しむ―《をくり》絵巻を中心に 平成27年7月4日~
8月30日
pdf
42頁
63.2MB
全ての図版あり
第70回 1920s-30s モダン・エイジ-光と影の造型美 平成27年9月12日~
12月9日
pdf
81頁
53.2MB
一部の参考図版なし、西洋画、川崎小虎・真道黎明・堂本印象・岩田正巳・遠藤教三・穴山義平・山田秋衛・山口蓬春・鏑木清方・新海竹蔵・寺畑助之丞・木村雨山・根箭中緑・鴨政雄・溝口安太良・加藤土師萌・楠部彌弌・濱田庄司の作品の図版なし
第71回 北欧の工芸―自然ナチュラルが生み出す 平成28年1月9日~
3月6日
pdf
60頁
31.2MB
大半の作品の図版なし
第72回 古典再生―作家たちの挑戦 平成28年3月25日~
6月19日
pdf
71頁
53.9MB
宇田荻邨・山口蓬春・安田靫彦前田青邨・堂本印象の作品の図版なし
第73回 駒競こまくらべ―馬の晴れ姿 平成28年7月9日~
9月4日
pdf
66頁
54.6MB
一部の参考図版なし、一部の作品の図版なし
第74回 書の美、文字の巧 平成28年9月17日~
12月4日
pdf
123頁
84.5MB
大半の作品の図版なし
第75回 寿ぎの品々を読み解く 平成29年1月7日~
3月12日
pdf
59頁
45.3MB
菅原安男・吉向松月(七代)・永楽善五郎(十六代)・三輪休雪(十代)・森田清一の作品の図版なし
第76回 名所絵から風景画へ―情景との対話 平成29年3月25日~
6月25日
pdf
72頁
63.8MB
木下静涯・野口小蘋の作品の図版なし
第77回 皇室とボンボニエール―その歴史をたどる 平成29年7月15日~
9月10日
pdf
72頁
46.0MB
一部の挿図の図版なし
第78回 古代の造形―モノづくり日本の原点 平成29年9月23日~
12月10日
pdf
102頁
44.5MB
大半の作品の図版なし
第79回 世界を巡る―古今東西の品々を集めて 平成30年1月13日~
4月8日
pdf
56頁
37.9MB
一部の作品の図版なし
第80回 明治の御慶事―皇室の近代事始めとその歩み 平成30年4月28日~
8月5日
pdf
115頁
69.8MB
大半の作品の図版なし
第81回 春日権現験記絵-甦った鎌倉絵巻の名品(修理完成記念) 平成30年8月18日~
10月21日
pdf
115頁
146.0MB
全ての図版あり
第82回 明治美術の一断面-研ぎ澄まされた技と美 平成30年11月3日~
12月24日
pdf
79頁
63.6MB
一部の作品の図版なし
第83回 慶びの花々 令和元年5月3日~
6月30日
pdf
56頁
56.7MB
全ての図版あり
第84回 正倉院宝物を伝える-復元模造の製作事業と保存継承 令和元年7月13日~
9月1日
第85回 大礼―慶祝のかたち 令和元年9月21日~
令和2年1月19日
pdf
81頁
64.2MB
一部の作品の図版なし
御即位記念特別展 令和の御代を迎えて 令和2年2月8日~
4月12日
第86回 海と山のあいだ-近代日本の風景描写 令和2年7月23日~
令和2年9月27日
pdf
62頁
57.4MB
全ての図版あり
第87回 名作を伝える-明治天皇と美術 令和2年10月10日~
12月13日

余談ですが、三の丸尚蔵館の展覧会図録は通販での入手が可能です。現金書留などという面倒な方法ではなく郵便振替。しかも送料はいくら買っても800円固定。さらに一部の図録は割引販売*3されています
図録の在庫はこちらのサイトで確認してください。

*1:特別展の図録は公開されてない。少し残念。

*2:第9回のファイルサイズを誤ってコピペしてしまったと思われる。実際は30MB程度。

*3:特別頒布

2021年度気になる展覧会その1(春編)

近畿圏中心にざざっと書いてみました。全てへ行くことが出来ないのは分かってますw
しかし残念なことに、4/25から5/11まで京阪神の2府1県に緊急事態宣言が出ているため、公立館や1000㎡*1を超える大型館では休止要請を受けて臨時休館しているところが発生しています。とても残念です。
終了日順に並べています(随時更新)。
なお展覧会名が青いものは残り一週間以内、赤いものは開始後一週間以内、赤茶色のものは開始直前3日以内の展覧会であることを意味します。

展覧会名 期間 会場 リンク 魚拓 目録
総合展示 雛人形名品展 2/2-4/4 京都文化博物館 雛人形名品展 | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
特別企画展 中国青花と染付磁器 —京都の鹿背山焼— 2/19-4/4 和文華館 特別企画展 中国青花(せいか)と染付磁器 ―京都の鹿背山(かせやま)焼―|展覧会|大和文華館 魚拓 目録
うたかたと瓦礫デブリ:平成の美術1989–2019 1/23-4/11 京都市美術館 新館 東山キューブ 平成美術:うたかたと瓦礫デブリ 1989–2019|京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト 魚拓 目録
芭蕉翁絵詞伝と義仲寺 2/27-4/11 大津市歴史博物館 企画展 芭蕉翁絵詞伝と義仲寺|お知らせ|大津市歴史博物館 魚拓 目録
相国寺金閣銀閣 宝物展-梅の余薫 / 相国寺の歴史と寺宝 1/31-4/18
無休
相国寺承天閣美術館 宝物展|承天閣美術館|臨済宗相国寺派 魚拓 目録
企画展 きのくにの物語絵 3/13-4/18 和歌山県立博物館 企画展「きのくにの物語絵―絵解きの聖地・和歌山―」:和歌山県立博物館 魚拓 目録
鑑真和上と戒律のあゆみ
(前期)
3/27-4/18 京都国立博物館 凝然国師没後700年 特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
豊臣の美術
(前期)
4/3-4/25 大阪市立美術館 豊臣の美術 │ 大阪市立美術館 魚拓 目録
よみがえる承久の乱後鳥羽上皇vs鎌倉北条氏-
(前期)
4/6-4/25 京都文化博物館 よみがえる承久の乱―後鳥羽上皇 vs 鎌倉北条氏― | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
第61回 日本南画院展 4/20-4/25 京都市美術館 第61回日本南画院展 京都展|京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト 魚拓 目録
特別企画 動物絵画はお家芸
(前期)
4/3-4/26
火休
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:特別企画展:動物絵画はお家芸 -大坂・森派の絵描きたち- 魚拓 目録
日本の色 ―吉岡幸雄の仕事―
(後期)
2/23-5/9
2021/2/23-2021/4/11
2021/1/5-2021/3/7
細見美術館 特別展 日本の色-吉岡幸雄の仕事と蒐集-|開催中の展覧会 - 京都 細見美術館 魚拓 目録
特別展 海を越えたつながり―倭の五王と東アジア― 3/13-5/9
大阪府への緊急事態宣言の発出をうけた堺市博物館の閉館にともない、4/24で閉幕
堺市博物館 特別展「海を越えたつながり-倭の五王と東アジア-」<令和3年3月13日から5月9日まで> 堺市 魚拓 目録
わび茶の継承と普及
− 利休のわび茶を深化させた千宗旦茶の湯を通じて交わった人々 −
(前期)
4/1-5/9 湯木美術館 展覧会|湯木美術館 魚拓 目録
遠州・不昧と大名家の茶
(前期)
4/3-5/9 中之島香雪美術館 企画展「遠州・不昧と大名家の茶」|中之島香雪美術館 魚拓 目録
村山コレクション受贈記念展「絵画」~村山家ゆかりの画家たち~ 3/20-5/9 香雪美術館 展覧会|香雪美術館 魚拓 目録
誕生65周年記念 ミッフィー 4/28-5/10 大丸ミュージアム〈梅田〉 誕生65周年記念 ミッフィー展|大丸・松坂屋の展覧会
誕生65周年記念 ミッフィー展
魚拓 目録
伝える-災害の記憶展 3/20-5/16 京都文化博物館 伝える-災害の記憶展 あいおいニッセイ同和損保所蔵災害資料 | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
須田国太郎展~油彩と能・狂言デッサン~ 4/7-5/16 中信美術館 展覧会予定|中信美術館|京都中央信用金庫 魚拓 目録
桃山・江戸文化の輝き 4/9-5/16 和文華館 桃山・江戸文化の輝き|展覧会|大和文華館 魚拓 目録
鑑真和上と戒律のあゆみ
(後期)
4/20-5/16 京都国立博物館 凝然国師没後700年 特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
豊臣の美術
(後期)
4/27-5/16 大阪市立美術館 豊臣の美術 │ 大阪市立美術館 魚拓 目録
特集展示 大阪市の指定文化財展―平成28年度から令和2年度まで― 3/24-5/17
火休
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:第135回特集展示「大阪市の新指定文化財 ―平成28年度から令和2年度まで―」 魚拓 目録
特別企画 動物絵画はお家芸
(後期)
4/28-5/17
火休
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:特別企画展:動物絵画はお家芸 -大坂・森派の絵描きたち- 魚拓 目録
椿、咲き誇る-椿を描いた名品たち- 4/3-5/23
2020/4/4-2020/5/17
京都府立堂本印象美術館 堂本印象美術館 企画展 魚拓 目録
よみがえる承久の乱後鳥羽上皇vs鎌倉北条氏-
(後期)
4/27-5/23 京都文化博物館 よみがえる承久の乱―後鳥羽上皇 vs 鎌倉北条氏― | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展 聖徳太子法隆寺
(前期)
4/27-5/23 奈良国立博物館 聖徳太子1400年遠忌記念 特別展 聖徳太子と法隆寺|奈良国立博物館 魚拓 目録
ミケル・バルセロ展 3/20-5/30 国立国際美術館 ミケル・バルセロ展 - イベント|国立国際美術館 魚拓 目録
生誕130年記念 髙島野十郎展 4/17-5/30 奈良県立美術館 奈良県立美術館/奈良県公式ホームページ 魚拓 目録
田中一村奄美へとつづく道 5/8-6/6 美術館「えき」KYOTO 美術館「えき」KYOTO 魚拓 目録
朝鮮の仏さま
(前期)
4/1-6/8
水休
麗美術館 高麗美術館 魚拓 目録
ピピロッティ・リスト:Your Eye is My Island -あなたの眼はわたしの島- 4/6-6/13 京都国立近代美術館 ピピロッティ・リスト:Your Eye is My Island -あなたの眼はわたしの島-|京都国立近代美術館|The National Museum of Modern Art, Kyoto 魚拓 目録
遠州・不昧と大名家の茶
(後期)
5/11-6/13 中之島香雪美術館 企画展「遠州・不昧と大名家の茶」|中之島香雪美術館 魚拓 目録
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展 聖徳太子法隆寺
(後期)
5/25-6/20 奈良国立博物館 聖徳太子1400年遠忌記念 特別展 聖徳太子と法隆寺|奈良国立博物館 魚拓 目録
大阪アンダーグラウンド 4/24-6/27
4/24-6/20
大阪市立自然史博物館 第51回特別展「大阪アンダーグラウンド -掘ってわかった大地のひみつ-」|大阪市立自然史博物館 魚拓 目録
わび茶の継承と普及
− 利休のわび茶を深化させた千宗旦茶の湯を通じて交わった人々 −
(後期)
5/12-6/27 湯木美術館 展覧会|湯木美術館 魚拓 目録
ゆかた 浴衣 YUKATA
(前期)
6/5-6/27
2020/6/6-2020/6/14
泉屋博古館 京都:企画展スケジュール|泉屋博古館 住友コレクション 魚拓 目録
富岡鉄斎と近代の日本画 5/21-7/4 和文華館 展覧会|大和文華館 魚拓 目録
村山コレクション受贈記念展「佛(ほとけ)」~祈りのかたち~ 5/22-7/4 香雪美術館 展覧会|香雪美術館 魚拓 目録
香りの器~高砂コレクション~ 6/12-7/4 美術館「えき」KYOTO 美術館「えき」KYOTO 魚拓 目録
絵巻と勧進 4/24-7/11
4/24-6/27
ふるさとミュージアム山城 京都府立山城郷土資料館 魚拓 チラシ
豊臣秀吉と堺 5/29-7/11 堺市博物館 企画展「豊臣秀吉と堺」  <令和3年5月29日(土曜)から7月11日(日曜)まで> 堺市 魚拓 目録
揚州八怪
(前期)
6/12-7/11
2020/8/29-2020/10/18
大阪市立美術館 揚州八怪 │ 大阪市立美術館 魚拓 目録
ゆかた 浴衣 YUKATA
(後期)
6/29-7/19
2020/6/16-2020/7/12
泉屋博古館 京都:企画展スケジュール|泉屋博古館 住友コレクション 魚拓 目録
黒田泰蔵 2020/11/21-7/25
2020/11/21-2021/5/9
2020/8/29-2020/11/23
大阪市立東洋陶磁美術館 展覧会スケジュール|展覧会情報|大阪市立東洋陶磁美術館 魚拓 目録
若冲と近世絵画
(Ⅰ期)
4/29-7/25
2020/8/2-2020/10/11
相国寺承天閣美術館 年間スケジュール|承天閣美術館|臨済宗相国寺派 魚拓 目録
上方界隈、絵師済々 Ⅱ
(前期)
7/3-7/25
2021年前半に延期
2020/9/5-2020/10/18
中之島香雪美術館 企画展「上方界隈、絵師済々Ⅱ」|中之島香雪美術館 魚拓 目録
京都・開化の風景 4/24-7/27 京都市学校歴史博物館 企画展「京都・開化の風景」|当時の写真や京都を描いた絵画等約50点を一堂に展示し,開化の様子を振り返ります |京都市学校歴史博物館 魚拓 目録
特別展 あやしい絵展 7/3-8/15
火休
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:展示・イベント:特別展
あやしい絵展 公式ホームページ
魚拓 目録
揚州八怪
(後期)
7/13-8/15
2020/8/29-2020/10/18
大阪市立美術館 揚州八怪 │ 大阪市立美術館 魚拓 目録
奈良博三昧-至高の仏教美術コレクション-
(前期)
奈良国立博物館仏教美術名宝展
7/17-8/15
2020/7/18-2020/9/22
奈良国立博物館 奈良博三昧|奈良国立博物館 魚拓 目録
朝鮮の仏さま
(後期)
6/10-8/17
水休
麗美術館 高麗美術館 魚拓 目録
旅の美術 7/9-8/22 和文華館 展覧会|大和文華館 魚拓 目録
上方界隈、絵師済々 Ⅱ
(後期)
7/27-8/22
2021年前半に延期
2020/9/5-2020/10/18
中之島香雪美術館 企画展「上方界隈、絵師済々Ⅱ」|中之島香雪美術館 魚拓 目録
大津のどうぶつ博物館 7/17-8/29 大津市歴史博物館 企画展案内|企画展示|大津市歴史博物館 魚拓 目録
繁栄の池上曽根遺跡~拠点集落としての姿~ 4/27-9/12 大阪府弥生文化博物館 大阪府立弥生文化博物館 魚拓 目録
奈良博三昧-至高の仏教美術コレクション-
(後期)
奈良国立博物館仏教美術名宝展
8/17-9/12
2020/7/18-2020/9/22
奈良国立博物館 奈良博三昧|奈良国立博物館 魚拓 目録
鷹野隆大写真展(仮称) 6/29-9/23 国立国際美術館 |展覧会|NMAO:国立国際美術館 魚拓 目録
祈りと救いの仏教美術 8/27-10/3 和文華館 展覧会|大和文華館 魚拓 目録
若冲と近世絵画
(Ⅱ期)
8/1-10/24
2020/10/18-2020/12/20
相国寺承天閣美術館 年間スケジュール|承天閣美術館|臨済宗相国寺派 魚拓 目録
聖徳太子 9/4-10/24 大阪市立美術館 特展 │ 大阪市立美術館 魚拓 目録
村山コレクション受贈記念展「刀」~刀剣を愛でる~ 9/4-11/3 香雪美術館 展覧会|香雪美術館 魚拓 目録
特別展 土佐派と住吉派 其の二―やまと絵の展開と流派の個性― 9/12-11/7
開催を次年度以降に延期
2020/10/3-2020/11/29
和泉市久保惣記念美術館 展覧会案内|土佐派と住吉派 其の二―やまと絵の展開と流派の個性―|和泉市久保惣記念美術館 魚拓 目録
生誕200周年記念 森川杜園展 9/23-11/14 奈良県立美術館 展覧会予定 2021年4月~2022年3月/奈良県公式ホームページ 魚拓 目録
特別展 てん美禄びろく 酒の美術 10/9-11/14 和文華館 展覧会|大和文華館 魚拓 目録
西教寺 ―大津の天台真盛宗の至宝― 10/9-11/23 大津市歴史博物館 企画展案内|企画展示|大津市歴史博物館 魚拓 目録
海幸山幸 - 祈りと恵みの風景 - 10/9-12/5
2020/7/21-2020/9/13
九州国立博物館 九州国立博物館|展示案内:展示室の年間予定 魚拓 目録
幻の天才画家 鈴木華邨展 ―雪花風月の宴― 10/9-12/12
2020/10/10-2020/11/29
逸翁美術館 幻の天才画家 鈴木華邨展 ―雪花風月の宴―(仮)|逸翁美術館|阪急文化財団 魚拓 目録
村山コレクション受贈記念展「茶」~茶の湯と工芸~ 11/13-12/19 香雪美術館 展覧会|香雪美術館 魚拓 目録
特別企画展 雪村とその時代 11/19-12/26 和文華館 展覧会|大和文華館 魚拓 目録
ボイス+パレルモ 10/12-2022/1/16
2021/1/16-2021/3/7
国立国際美術館 ボイス+パレルモ - イベント|国立国際美術館 魚拓 目録
コレクター福富太郎の眼 11/20-2022/1/16 あべのハルカス美術館 コレクター福富太郎の眼|あべのハルカス美術館
コレクター福富太郎の眼|イベント|関西テレビ放送 カンテレ
魚拓
魚拓
目録
希薀廬コレクション 清朝陶磁の精華(仮称) 8/11-2022/2/6
2020/12/5-2021/3/28
大阪市立東洋陶磁美術館 展覧会情報|展覧会情報|大阪市立東洋陶磁美術館 魚拓 目録
特別企画展 日本のやきもの―縄文土器から近代京焼まで― 2022/1/5-2022/2/13 和文華館 展覧会|大和文華館 魚拓 目録
奈良県立美術館所蔵名品展 2022/2/5-2022/3/27 奈良県立美術館 展覧会予定 2021年4月~2022年3月/奈良県公式ホームページ 魚拓 目録
国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ 2022/2/5-2022/3/27
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い会期を変更、1年ほどの延期を予定
奈良国立博物館 国宝 聖林寺十一面観音|奈良国立博物館
特別展「国宝 聖林寺十一面観音 ― 三輪山信仰のみほとけ」:東京国立博物館・奈良国立博物館
魚拓 目録
特別企画展 東アジア文人の肖像―書画と文房具― 2022/2/18-2022/4/3 和文華館 展覧会|大和文華館 魚拓 目録
蘆花浅水荘山元春挙画塾 2022/3/12-2022/4/17 大津市歴史博物館 企画展案内|企画展示|大津市歴史博物館 魚拓 目録
王朝文化への憧れ-雅の系譜 Ⅰ期 2022/3/20-2022/5/15
2021/4/11-2021/7/11
相国寺承天閣美術館 年間スケジュール|承天閣美術館|臨済宗相国寺派 魚拓 目録
伝教大師一二〇〇年大遠忌記念 特別展最澄天台宗のすべて 2022/4/12-2022/5/22 京都国立博物館 これからの特別展|京都国立博物館|Kyoto National Museum
伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」
魚拓 目録
王朝文化への憧れ-雅の系譜 Ⅱ期 2022/5/22-2022/7/18
2021/4/11-2021/7/11
相国寺承天閣美術館 年間スケジュール|承天閣美術館|臨済宗相国寺派 魚拓 目録
琳派の扇絵と涼の美
2021年度以降に延期
2020/6/30-2020/8/00 細見美術館 これからの展覧会 - 京都 細見美術館 魚拓 目録
虫めづる日本の美 ―養老孟司×細見コレクション―
2021年度以降に開催延期
2020/9/11-2020/12/00 細見美術館 これからの展覧会 - 京都 細見美術館 魚拓 目録
高麗茶碗の不思議(仮称) 延期? 2020/10/24-2020/12/00
10/24-12/13
野村美術館 展覧会情報|野村美術館 魚拓 目録
武家政権の軌跡-権力者と寺
開催未定
2021/1/10-2021/3/00
2021/1/10-2021/3/28
相国寺承天閣美術館 年間スケジュール|承天閣美術館|臨済宗相国寺派 魚拓 目録
生誕600年記念 雪舟狩野派 2021年度以降に延期 2020/9/15-2020/10/00
9/15-10/18
山口県立美術館 展覧会|山口県立美術館 魚拓 目録
加耶
開催延期
2020/10/13-2020/12/00
10/13-12/6
九州国立博物館 九州国立博物館|展示案内:展示室の年間予定 魚拓 目録
ANDY WARHOL KYOTO
延期調整中
2020/9/19-2021/1/3 京都市美術館 新館 東山キューブ ANDY WARHOL KYOTO/アンディ・ウォーホル・キョウト|京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト
ANDY WARHOL KYOTO|アンディ・ウォーホル・キョウト
魚拓
魚拓
目録

*1:展示室面積なのか何なのか不明なんだが…

小栗判官と説経節の本

発端

昨秋にこのような展覧会がありました。

そのなかで「皇室につどう書画 三の丸尚蔵館の名宝」の一つとして、岩佐又兵衛小栗判官絵巻」が出品されていました。又兵衛のこの絵巻は今までにも他の美術館などで観ているのですが、今回はなぜか物語の筋が気になりました。ということで小栗判官について調べてみると、どうやら「説経節」という単語が関係してくる。この説経節というものはなにかといえば中世の語り芸能の一種。

 説経節せっきょうぶしは、近世初期に操り芝居と結びついて流行した。説経節そのものは中世からおこなわれていた語り物であり芸能であったが、それが一躍脚光を浴びるようになったのは、三都の操り芝居の舞台にかけられるようになってからである。…素朴未発達な段階にあって、豊かな物語性と人情味を備えた説経節の語り物は、じゅうぶん人の心をとらえたのである。しかし、浄瑠璃にすぐれた太夫があらわれて音楽的にくふうを重ね、近松のような作者が趣向に富んだ新作をつぎつぎと書き出すと、いつもきまった語り物だけを語っていた説経節は、古くさい者として飽きられていった。…だが、説経節の語り物の生命はそれで断たれてしまったわけではない。第一に、それは浄瑠璃に多くの素材を提供した。…第二に、絵双紙や読本よみほんの類に素材を提供した。第三に地方の芸能として残った。瞽女歌として、盲僧琵琶として、大黒舞いの歌として。また、佐渡の説経人形、秩父横瀬袱紗人形、八王子の車人形などの演目として、現在も残っている。…少なくとも明治時代までは、小栗判官とか石童丸とか山椒大夫とか言えば、だれでも「あああの話か」と、知らない人はいなかった。
(「説経節東洋文庫243 平凡社)」まえがき冒頭)

確かに小栗判官山椒大夫も、他に刈萱も信太妻も、名前は聞いたことがあるのだけど、その筋までは知らない。ということで、小栗判官を中心として、説経節に関する本をちょこちょこ読んできたので、なんとなく列挙してみます。

注意事項

なお「説経節」であって「説教節」ではありません。念の為。

 説経とは、もともと経典を講じ教義を説くことであって、それ自体は文学でも芸能でもない。しかし教化の対象が知識教養の無い庶民のばあいには、仏典講説のさい、おのずから譬喩ひゆ・因縁など説話の部分が耳にはいりやすいので、そこから文学的なものが成長していった。これを唱導文学と言う。(中略)唱導文学の担い手たちは、高野聖こうやひじりやその他の廻国聖、山伏、御師おし、盲僧、絵解えとき法師、熊野比丘尼をはじめとする巫女の類、といった下級宗教家である。
(「説経節東洋文庫243 平凡社)」解説・解題 p.314)

本の列挙

説経節 山椒大夫小栗判官他(東洋文庫243 平凡社 1973年)

説経節 (東洋文庫)

説経節 (東洋文庫)

  • 作者:荒木 繁
  • 発売日: 1973/11/01
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
現代において、説経節の原文を読みたい、と思ったときに真っ先に手に取るべき本かと思われます。註釈もついているので、古文の知識がちょっとあればなんとか読めます。そして何よりも大事なところ(と私が思うの)が、原文でのリズムの良さ。語りであり謡いでもある物語なので、現代語訳では分からないリズムの気持ちよさが原文では楽しめます。
掲載の物語は「山椒太夫」「苅萱」「信徳丸」「愛護若」「小栗判官」と浄瑠璃の「信太妻」。前の5つはいわゆる「五説経」とも呼ばれるほどの代表作であること、そして「信太妻」は五説経に入ることもあるのだが説経節としての原文が見つからなかったので追加分として入れてある、とのことでした。なお「小栗判官」の文は、上に書いた岩佐又兵衛小栗判官絵巻」の文を用いているとのことです。
今となっての問題点は、字が小さすぎて註釈番号が読めないこと*1

ラクル絵巻で楽しむ「小栗判官と照手姫」(太田彩 監修/東京美術 2011年)

岩佐又兵衛小栗判官絵巻」を所蔵する三の丸尚蔵館学芸員である太田彩氏の監修。岩佐又兵衛小栗判官絵巻」の全場面を載せているのがこの本のポイント。ただし全15巻324m(!?)もある絵巻なので、大半の図版は非常に小さい。しかし推しの場面は折り畳み見開き形式でバーンと見れるので、意外と楽しめる。ただし絵がメインで詞書き部分は載っていない。解説もまあまあしっかりしていた(はず)。

説経 小栗判官近藤ようこ/白泉社ジェッツコミックス 1990年 → ちくま文庫 2003年 → KADOKAWAビームコミックス 2014年)

そういえば試し読み部分しか読んでないや…^^;;

新訳 説経節伊藤比呂美/平凡社 2015年)

新訳 説経節

新訳 説経節

いちおう日本語訳。なので当然ながら原文よりは読みやすい。読みやすいのだが…原文のリズムの気持ちよさが全く消えているのがとても悲しい。著者は詩人なのだから、口調を考えた翻訳にしてほしかった*2
掲載されているのは「小栗判官」「しんとく丸」「山椒太夫」。
ちなみにこの本はWeb連載をまとめたものなので、そちらのバックナンバーがいちおう残っている。小栗判官だけは一部リンクのみ残存…だがリンク先は消えていないので結局全部残ってる(ありがたやありがたや。

なお私はこの「しんとく丸」を読んで「信徳丸(俊徳丸/身毒丸)=弱法師」であることに気付きました。(参考:東京国立博物館 - コレクション 名品ギャラリー 館蔵品一覧 弱法師(よろぼし) 

説経節を読む(水上勉/新潮社 1999年 → 岩波現代文庫 2007年)

説経節を読む (岩波現代文庫)

説経節を読む (岩波現代文庫)

  • 作者:水上 勉
  • 発売日: 2007/06/15
  • メディア: 文庫
現代語訳ではなく「原文+筋+思い出語り」という形式。原文引用が長めの部分もあるがその直後に要約が入っているので意外と読みやすい。全文訳よりもこのほうが良いのではないかと感じる。ただし思い出語りの部分もほどほどに目立つので、水上勉が好きな人に限られるかもしれません。
掲載されているのは「さんせう太夫」「かるかや」「信徳丸」「信太妻」「をぐり」。

中世の貧民 説経師と廻国芸人(塩見鮮一郎/文春新書890 2012年)

中世の貧民 説経師と廻国芸人 (文春新書)

中世の貧民 説経師と廻国芸人 (文春新書)

文藝春秋サイトでの塩見鮮一郎の検索結果をみるとこの本は「貧民シリーズ」とやらの第2弾に相当するらしい。シリーズの他の本は未見。
小栗判官の道行きを中心にして、現代での現地状況なども補いつつ、さらには他の説経節の物語や中世文学、そしてそれらを語った貧民層のことなどを織り込みながら書かれている、ガイドブックのような本。小栗判官の物語自体を読むと言うよりは、タイトル通り中世を中心とした世界を現代から覗き見る感じが主となる。
説経節を読むと言っても、現代人からすれば読み返すわけだし、物語で描かれた場所の現状を知りたくなることもある。その点では良いガイドブックだと思います。

おまけ:山椒大夫森鴎外

こちらは山椒大夫の口語訳、というか翻案。原文の筋とだいたい合ってるのだけど、いろいろな省略を入れている。丹後から京へ上るところがそっけなく略されて、その他も「中世のどろどろした部分が消されて無味無臭になっている」として塩見鮮一郎「中世の貧民」では否定的な評価になっている。
もちろん追加のある箇所もあり、水上勉説経節を読む」では自然描写を付け足して物語を豊かにしていると評価している。
個人的には、説経節の代表格への導入作品として優れていると思います。

その他

原文だと以下の2冊もあるのだが未読。

古浄瑠璃 説経集 - 岩波書店

古浄瑠璃 説経集 (新日本古典文学大系 90)

古浄瑠璃 説経集 (新日本古典文学大系 90)

掲載されている作品はこれららしい。「浄瑠璃御前物語」とか「ほり江巻双紙」とかあるので、岩佐又兵衛の他の絵巻に関係しているかも。
オンデマンド版も→ 古浄瑠璃 説経集 - 岩波書店

  • 新潮社

説経集  新潮日本古典集成 第8回

説経集 新潮日本古典集成 第8回

なお2017年に新装版が出ている。
掲載されているのは「かるかや」「さんせう太夫」「しんとく丸」「をぐり」「あいごの若」「まつら長者」。
室木弥太郎/校注 『新潮日本古典集成〈新装版〉説経集』|新潮社
新潮日本古典集成〈新装版〉 説経集

新潮日本古典集成〈新装版〉 説経集

  • 発売日: 2017/01/31
  • メディア: 単行本

また現代語訳では「池澤夏樹個人編集 日本文学全集」にも。こちらも翻訳はやはり伊藤比呂美。掲載されているのは「かるかや」だけかな*3
能・狂言/説経節/曾根崎心中/女殺油地獄/菅原伝授手習鑑/義経千本桜/仮名手本忠臣蔵 :岡田 利規,伊藤 比呂美,いとう せいこう,桜庭 一樹,三浦 しをん,いしい しんじ,松井 今朝子|河出書房新社

*1:老眼…

*2:なお伊藤比呂美訳の良さを評価する記事を見掛けたので貼っておきます→ 11 現代語訳を軽視するなかれ | 最後の読書 | 津野海太郎 | 連載 | 考える人 | 新潮社

*3:どうやらそのようだ→ https://note.com/fujicho_no_yomo/n/nf211796a5dd2

2020年度気になる展覧会その3(冬編)

近畿圏中心にざざっと書いてみました。全てへ行くことが出来ないのは分かってますw
終了日順に並べています。

展覧会名 期間 会場 リンク 魚拓 目録
悲運の画家たち
(後期)
2020/12/2-1/11
火休
福田美術館・嵯峨嵐山文華館 悲運の画家たち|京都・嵯峨嵐山 福田美術館 -FUKUDA ART MUSEUM-
展覧会|嵯峨嵐山文華館
魚拓
魚拓
福田美術館目録
嵯峨嵐山文華館目録
総合展示 近代博覧会と京都の産業 2020/11/7-1/11 京都文化博物館 近代博覧会と京都の産業 ―明治初期の観光と染織産業を中心に | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
特集展示 大阪の灯火具 2020/11/11-1/11
火休
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:第133回特集展示「大阪の灯火具」 魚拓 目録
ボストン美術館 開催中止 2020/10/24-1/17
日米両国の新型コロナウイルス感染拡大の影響のため、現段階で作品輸送の目途が立たないため中止
神戸市立博物館 ボストン美術館展 芸術×力|日本テレビ 魚拓 目録
いのりの四季-仏教美術の精華 2020/11/1-1/17 無休
2020/4/12-2020/7/19 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止のため10/31迄臨時休館
相国寺承天閣美術館 いのりの四季|承天閣美術館|臨済宗相国寺派 魚拓 目録
特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 神鹿の造形― 2020/12/8-1/17 奈良国立博物館 おん祭と春日信仰の美術|奈良国立博物館 魚拓 目録
特集展示 新たに修理された文化財 2020/12/22-1/17 奈良国立博物館 新たに修理された文化財|奈良国立博物館 魚拓 目録
没後70年 吉田博展 1/5-1/18
日時事前予約優先
京都高島屋 没後70年 吉田博展 魚拓 目録
ほとけと神々大集合 ―岡山・宗教美術の名宝―
(後期)
2020/12/22-1/24
オンライン予約
2020/12/28-2021/1/5は休館
龍谷ミュージアム 企画展「ほとけと神々大集合 ―岡山・宗教美術の名宝―」|龍谷ミュージアム 魚拓 目録
企画展 屏風の美―収蔵品の名品から― 2020/12/5-1/24 和歌山県立博物館 企画展「屏風の美―収蔵品の名品から―」:和歌山県立博物館 魚拓 目録
三沢厚彦 ANIMALS IN あべのハルカス 2020/11/21-1/27 あべのハルカス美術館 三沢厚彦 ANIMALS IN あべのハルカス|あべのハルカス美術館 魚拓 目録
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 2020/11/3-1/31 日時指定制(電子チケットは申込手数料220円…)
2020/7/7-2020/10/18
新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため会期変更
国立国際美術館 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 魚拓 目録
総合展示 動乱の世から太平の世へ―かわりゆく人のくらし― 2020/12/12-1/31 京都文化博物館 動乱の世から太平の世へ―戦国を乗り越えた人々のくらし― | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
文化財修理の最先端
丑づくし
2020/12/19-1/31 京都国立博物館 文化財保存修理所開所40周年記念 特別企画 文化財修理の最先端|京都国立博物館|Kyoto National Museum
新春特集展示 丑づくし─干支を愛でる─ |京都国立博物館|Kyoto National Museum
魚拓 目録
分離派建築会100年:建築は芸術か?
(前期)
1/6-2/7 京都国立近代美術館 分離派建築会100年:建築は芸術か?|京都国立近代美術館|The National Museum of Modern Art, Kyoto 魚拓 目録
特別企画展 大人の嗜み 立花・鉄砲・古画鑑賞 1/6-2/14 和文華館 特別企画展 大人のたしなみ 立花・鉄砲・古画鑑賞|展覧会|大和文華館 魚拓 目録
裏千家の茶室建築 重要文化財裏千家住宅及び茶室 保存修理工事竣工記念-
(前期)
1/7-2/14
月休、第1・3火休
前日までの予約優先
茶道資料館 -裏千家ホームページ 茶道資料館 魚拓 目録
のんびりいこう、丑の年 1/9-2/14 八幡市立松花堂美術館 新春展|八幡市立松花堂庭園・美術館 魚拓 目録
ひょうごゆかりの古陶磁 2020/12/12-2/21 兵庫陶芸美術館 「ひょうごゆかりの古陶磁-丹波焼・三田焼・王地山焼-」 - 兵庫陶芸美術館 The Museum of Ceramic Art, Hyogo 魚拓 目録
日本の色 ―吉岡幸雄の仕事―
(前期)
1/5-2/21
2021/1/5-2021/3/7
細見美術館 特別展 日本の色-吉岡幸雄の仕事と蒐集-|開催中の展覧会 - 京都 細見美術館 魚拓 目録
源氏物語の絵画―伝土佐光信『源氏系図』をめぐって
(前期)
源氏物語の絵画 ― 伝土佐光信の源氏絵をめぐって
1/30-2/21 中之島香雪美術館 特別展「源氏物語の絵画―伝土佐光信『源氏系図』をめぐって」|中之島香雪美術館 魚拓 目録
三島埴輪総覧 2020/10/10-2/23 今城塚古代歴史館 今城塚古代歴史館 秋冬企画展「三島埴輪総覧」【10月10日~2月23日】/高槻市ホームページ 魚拓 目録
国宝「日本書紀」と東アジアの古典籍 2/4-2/28 京都国立博物館 日本書紀成立1300年記念 特集展示国宝「日本書紀」と東アジアの古典籍|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
特集企画展 大阪の近代化と町―水帳から公文書へ― 1/27-3/1
火休
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:特別企画展:大阪の近代化と町 ―水帳から公文書へ― 魚拓 目録
特別展 京都市文化財保護課発足50周年記念 京都市指定の文化財 1/22-3/7 京都市歴史資料館 京都市:京都市歴史資料館 令和2年度特別展 京都市文化財保護課発足50周年記念「京都市指定の文化財」の開催 魚拓 目録
企画展 祈りと学びの山―高野山大学図書館の名宝とともに― 1/30-3/7 和歌山県立博物館 企画展「祈りと学びの山 ―高野山大学図書館の名宝とともに―」:和歌山県立博物館 魚拓 目録
新聞人のまなざし─上野有竹と日中書画の名品─ 2/2-3/7 京都国立博物館 仏教美術研究上野記念財団設立50周年記念 特別企画 新聞人のまなざし─上野有竹と日中書画の名品─|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
雛まつりと人形 2/9-3/7 京都国立博物館 特集展示 雛まつりと人形|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
分離派建築会100年:建築は芸術か?
(後期)
2/9-3/7 京都国立近代美術館 分離派建築会100年:建築は芸術か?|京都国立近代美術館|The National Museum of Modern Art, Kyoto 魚拓 目録
コレクションルーム 冬期 2020/12/3-3/14 京都市美術館 本館 南回廊1階 コレクションルーム|京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト 魚拓 目録
奈良国立博物館所蔵品 里帰り展「経塚に願いを込めて」 1/9-3/14 和歌山県紀伊風土記の丘 和歌山県立紀伊風土記の丘 公式ページ 魚拓 目録
梅棹忠夫生誕100年記念 知的生産のフロンティア 1/13-3/14 要予約三部制
月火休
京都大学総合博物館 2020年度特別展 梅棹忠夫生誕100年記念「知的生産のフロンティア」 – 京都大学総合博物館 魚拓 目録
広重の名所江戸百景
新収蔵品・新寄託品を中心に
1/16-3/14 奈良県立美術館 展覧会予定 2020年4月~2021年3月/奈良県公式ホームページ 魚拓 目録
花のある茶道具
花の季節に寄せて ~茶道具取合せ―春編~(仮)
1/16-3/14 逸翁美術館 花のある茶道具|逸翁美術館|阪急文化財団 魚拓 目録
総合展示 映画『羅生門』展 2/6-3/14 京都文化博物館 公開70周年記念 映画『羅生門』展 | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
源氏物語の絵画―伝土佐光信『源氏系図』をめぐって
(後期)
源氏物語の絵画 ― 伝土佐光信の源氏絵をめぐって
2/23-3/14 中之島香雪美術館 特別展「源氏物語の絵画―伝土佐光信『源氏系図』をめぐって」|中之島香雪美術館 魚拓 目録
天理 山の辺の古墳 2/6-3/15
火休
天理大学附属天理参考館 天理参考館 - 共同展「天理 山の辺の古墳」 魚拓 目録
野見山暁治のいま展 3/3-3/15 京都髙島屋7階グランドホール 100歳記念 すごいぞ! 野見山暁治のいま展|高島屋 魚拓 目録
佛大逍遥Ⅶ―民俗学の資料を紐解く― 2/13-3/19 佛教大学宗教文化ミュージアム 冬期企画展「佛大逍遥Ⅶ―民俗学の資料を紐解く―」開催のご案内|お知らせ|佛教大学 魚拓 目録
至高の小磯良平 大野コレクションのすべて 2020/12/24-3/21 神戸市立小磯記念美術館 神戸市:小磯記念美術館 特別展 関西初公開「至高の小磯良平 大野コレクションのすべて」 魚拓 目録
企画展 日本陶磁の源・陶邑窯 1/9-3/21 愛知県陶磁美術館 日本陶磁の源・陶邑窯|特別展・企画展・テーマ展|愛知県陶磁美術館 公式サイト 魚拓 目録
寿岳文章 人と仕事展 1/23-3/21 向日市文化資料館 催し物案内/京都府向日市ホームページ 魚拓 目録
絵そらごとの楽しみ ― 江戸時代の絵画から ― 1/30-3/21 兵庫県立歴史博物館 兵庫県立歴史博物館 魚拓 目録
特別陳列 お水取り
特別陳列 帝国奈良博物館の誕生―設計図と工事録にみる建設の経緯―
2/6-3/21 奈良国立博物館 お水取り|奈良国立博物館
帝国奈良博物館の誕生-設計図と工事録にみる建設の経緯-|奈良国立博物館
魚拓 目録
琵琶湖文化館の『博物誌』―浮城万華鏡の世界へ、ようこそ!ー 2/6-3/21 滋賀県安土城考古博物館 第63回企画展 琵琶湖文化館開館60周年記念 地域連携企画展「琵琶湖文化館の『博物誌』―浮城万華鏡の世界へ、ようこそ!ー」|滋賀県立安土城考古博物館 魚拓 目録
特集展示 蒐集家・高島唯峰―明治期考古学の遺産― 1/13-3/22
火休
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:第134回特集展示「蒐集家・高島唯峰 ―明治期考古学の遺産―」 魚拓 目録
憧れのヨーロッパ旅行-おしゃれな印象- 2020/11/28-3/28 京都府立堂本印象美術館 堂本印象美術館 企画展 魚拓 目録
物語の中へ―源氏と伊勢― 2/14-3/28 和泉市久保惣記念美術館 展覧会案内|物語の中へ―源氏と伊勢―|和泉市久保惣記念美術館 魚拓 目録
裏千家の茶室建築 重要文化財裏千家住宅及び茶室 保存修理工事竣工記念-
(後期)
2/17-3/31
月休、第1・3火休
前日までの予約優先
茶道資料館 -裏千家ホームページ 茶道資料館 魚拓 目録
総合展示 雛人形名品展 2/2-4/4 京都文化博物館 雛人形名品展 | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
特別企画展 中国青花と染付磁器 —京都の鹿背山焼— 2/19-4/4 和文華館 特別企画展 中国青花(せいか)と染付磁器 ―京都の鹿背山(かせやま)焼―|展覧会|大和文華館 魚拓 目録
うたかたと瓦礫デブリ:平成の美術1989–2019 1/23-4/11 京都市美術館 新館 東山キューブ 平成美術:うたかたと瓦礫デブリ 1989–2019|京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト 魚拓 目録
芭蕉翁絵詞伝と義仲寺 2/27-4/11 大津市歴史博物館 企画展 芭蕉翁絵詞伝と義仲寺|お知らせ|大津市歴史博物館 魚拓 目録
相国寺金閣銀閣 宝物展-梅の余薫 / 相国寺の歴史と寺宝 1/31-4/18
無休
相国寺承天閣美術館 宝物展|承天閣美術館|臨済宗相国寺派 魚拓 目録
企画展 きのくにの物語絵 3/13-4/18 和歌山県立博物館 企画展「きのくにの物語絵―絵解きの聖地・和歌山―」:和歌山県立博物館 魚拓 目録
鑑真和上と戒律のあゆみ
(前期)
3/27-4/18 京都国立博物館 凝然国師没後700年 特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ|京都国立博物館|Kyoto National Museum 魚拓 目録
日本の色 ―吉岡幸雄の仕事―
(後期)
2/23-5/92/23-4/11
2021/1/5-2021/3/7
細見美術館 特別展 日本の色-吉岡幸雄の仕事と蒐集-|開催中の展覧会 - 京都 細見美術館 魚拓 目録
特別展 海を越えたつながり―倭の五王と東アジア― 3/13-5/9 堺市博物館 特別展「海を越えたつながり-倭の五王と東アジア-」<令和3年3月13日から5月9日まで> 堺市 魚拓 目録
伝える-災害の記憶展 3/20-5/16 京都文化博物館 伝える-災害の記憶展 あいおいニッセイ同和損保所蔵災害資料 | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
特集展示 大阪市の指定文化財展―平成28年度から令和2年度まで― 3/24-5/17
火休
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:第135回特集展示「大阪市の新指定文化財 ―平成28年度から令和2年度まで―」 魚拓 目録
ミケル・バルセロ展 3/20-5/30 国立国際美術館 ミケル・バルセロ展 - イベント|国立国際美術館 魚拓 目録

2020年度気になる展覧会その2(秋編)

近畿圏中心にざざっと書いてみました。全てへ行くことが出来ないのは分かってますw
終了日順に並べています。

展覧会名 期間 会場 リンク 魚拓 目録
杉本博司 瑠璃の浄土 5/26-10/4
事前予約・定員制
6/18まで入館者を京都府在住の方に限定
3/21-6/14
新型コロナウイルス感染予防・拡散防止のため開幕を4/4に延期
京都市美術館 新館 東山キューブ 杉本博司 瑠璃の浄土|京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト 魚拓 目録
開館40周年記念企画展 博物館には何がある?-堺市博物館コレクション展 Part1 近代編-
サテライト展 堺 アルフォンス・ミュシャ館コレクション展
7/4-10/4 堺市博物館 開館40周年記念企画展「博物館には何がある?-堺市博物館コレクション展 Part1 近代編-」<令和2年7月4日(土曜)~10月4日(日曜)> 堺市
サテライト展「堺 アルフォンス・ミュシャ館コレクション展」 堺市
魚拓
魚拓
目録
鏡中之美 —鏡が映しだすもの— 8/21-10/4 和文華館 鏡中之美 ―鏡が映しだすもの|展覧会|大和文華館 魚拓 目録
特別陳列 ふつうの美しさ ―京の絵画と敦賀コレクション―
(中期)
9/8-10/4 敦賀市立博物館 「ふつうの系譜」おかえり展 敦賀市-Tsuruga City- 魚拓 年間予定
目録
栗太郡の神・仏 祈りのかがやき
(Ⅰ期)
9/19-10/4 栗東歴史民俗博物館 【栗東歴史民俗博物館開館30周年記念展】滋賀県立琵琶湖文化館・栗東歴史民俗博物館地域連携企画展「栗太郡の神・仏 祈りのかがやき」 魚拓 チラシ
目録
大坂冬の陣・夏の陣図屏風~豊臣vs徳川 激闘の記憶~ 7/23-10/7
無休
大阪城天守閣 3階展示室 大阪城天守閣 魚拓 目録
ヤン・ヴォー ーォヴ・ンヤ 6/2-10/11
4/4-6/14
国立国際美術館 ヤン・ヴォー ーォヴ・ンヤ|展覧会|NMAO:国立国際美術館 魚拓 目録
いきものがたり 〜-十二支になったいきものとなれなかった猫たち-〜
(後期)
9/2-10/11
火休
嵯峨嵐山文華館 展覧会|嵯峨嵐山文華館 魚拓 目録
大観と春草 ー東京画壇上洛ー
(後期)
9/2-10/11
7/11-9/28
7/4-9/22

火休
福田美術館 大観と春草 ー東京画壇上洛ー|京都・嵯峨嵐山 福田美術館 -FUKUDA ART MUSEUM- 魚拓 目録
中国の石造彫刻
大阪の仏像
9/1-10/11
8/29-10/18
大阪市立美術館 中国の石造彫刻 │ 大阪市立美術館
大阪の仏像 │ 大阪市立美術館
魚拓
魚拓
目録
目録
青緑い刻
没後50年
浪華の女性画家 島成園
会期変更
9/5-10/11
4/11-5/10
記念講演会4/25「島成園の作品と生涯」
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため2/29より臨時休館→5/26より再開
大阪市立美術館 青緑い刻(あおいとき) │ 大阪市立美術館
没後50年 浪華の女性画家 島成園 │ 大阪市立美術館
魚拓
魚拓
目録
目録
赤いのも、白いのも、やわた南山焼いろいろ 9/5-10/11 八幡市立松花堂美術館 初秋の小展示|八幡市立松花堂庭園・美術館 魚拓取れず 目録
奇才 ―江戸絵画の冒険者たち―
(前期)
9/12-10/11 あべのハルカス美術館 奇才 ―江戸絵画の冒険者たち―|あべのハルカス美術館
特別展「奇才 -江戸絵画の冒険者たち-」
魚拓 目録
芦屋の時間 大コレクション展
(キャプション前期)
9/19-10/11 芦屋市立美術博物館 芦屋の時間 大コレクション展 魚拓 目録
生誕130年記念 髙島野十郎 開催中止 8/6-10/18 香雪美術館 「生誕130年記念 髙島野十郎」中止のお知らせ|お知らせ|香雪美術館 魚拓 目録
総合展示 池大雅 特別展に格上げ?
陽明文庫の名宝10
8/22-10/18 京都文化博物館 近衞家 王朝のみやび陽明文庫の名宝10 | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
懐石のうつわ -秋・冬のしつらえ-
(後期)
9/5-10/18
4/21-6/7
新型コロナウイルス感染予防および拡大防止のため4/11より臨時休館
野村美術館 展覧会情報|野村美術館 魚拓 目録
南宗憧憬-京都芸大の中国絵画 田能村直入寄贈品を中心に- 9/15-10/18 京都市立芸術大学芸術資料館 芸術資料館収蔵品展(E236) 魚拓 目録
瑞獣伝来
(後期)
10/1-10/18
探幽「桐鳳凰図屏風」左隻10/1から
泉屋博古館 京都:展示会情報|泉屋博古館 住友コレクション 魚拓 目録
舞妓モダン
(1/4)
10/6-10/18
速水御舟「京の舞妓」
京都文化博物館 京都文化力プロジェクト関連事業舞妓モダン | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠 9/12-10/25 美術館「えき」KYOTO 美術館「えき」KYOTO 魚拓 目録
細見コレクション -琳派若冲
(前期)
9/12-10/25 細見美術館 細見コレクション -琳派と若冲-|開催中の展覧会 - 京都 細見美術館 魚拓 目録
開館50周年記念 特別展 もうひとつの日本美術史ーー近現代版画の名作2020
(前期)
9/19-10/25 和歌山県立近代美術館 もうひとつの日本美術史 近現代版画の名作2020 - 和歌山県立近代美術館 魚拓 目録
栗太郡の神・仏 祈りのかがやき
(Ⅱ期)
10/6-10/25 栗東歴史民俗博物館 【栗東歴史民俗博物館開館30周年記念展】滋賀県立琵琶湖文化館・栗東歴史民俗博物館地域連携企画展「栗太郡の神・仏 祈りのかがやき」 魚拓 チラシ
目録
特別展 墨の天地 —中国安徽地方の美術—
(前期)
10/10-10/25 和文華館 特別展 墨の天地 ―中国 安徽地方の美術―|展覧会|大和文華館 魚拓 目録
日本画家・福田眉仙展
(前期)
10/10-10/25 姫路市立美術館 開催中の展覧会|姫路市立美術館 魚拓 目録
プレスリリース
地下の正倉院展重要文化財 長屋王家木簡-
(Ⅰ期)
10/10-10/25 平城宮跡資料館 企画展示 - 平城宮跡資料館 魚拓 目録
再興第105回「院展」京都展 10/20-10/25 予約優先制+予約なし入館も可能 京都市美術館 南回廊2階 再興第105回「院展」京都展|京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト
再興第105回日本美術院展覧会(院展)巡回展日程
再興第105回 院展|公演スケジュール|otonowa
魚拓
魚拓
魚拓
目録
美をあきなう
(第Ⅰ部 美術部の創設)
9/1-10/26
火水休
高島屋史料館 企画展|高島屋史料館 魚拓 目録
総合展示 町のちから―三条御倉町文書の世界― 9/5-11/1 京都文化博物館 町のちから ―三条御倉町文書の世界― | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
聖衆来迎寺と盛安寺 -明智光秀ゆかりの下阪本の社寺-
(前期)
10/10-11/1
「国宝 六道絵」(聖衆来迎寺蔵)は前期展示
大津市歴史博物館 企画展 聖衆来迎寺と盛安寺 ―明智光秀ゆかりの下阪本の社寺―|お知らせ|大津市歴史博物館 魚拓 目録
皇室の名宝
(前期)
10/10-11/1 京都国立博物館 御即位記念 特別展 皇室の名宝|京都国立博物館|Kyoto National Museum
御即位記念 特別展 皇室の名宝/2020年10月10日(土)~11月23日(月・祝)/京都国立博物館 平成知新館【東山七条】
魚拓
魚拓
目録
創建1250年記念特別展 国宝粉河寺縁起と粉河寺の歴史
(前期)
10/17-11/1 和歌山県立博物館 創建1250年記念特別展「国宝粉河寺縁起と粉河寺の歴史」:和歌山県立博物館 魚拓 目録
舞妓モダン
(2/4)
10/20-11/1 京都文化博物館 京都文化力プロジェクト関連事業舞妓モダン | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
仏教の思想と文化 -インドから日本へ- 特集展示:西七条のえんま堂 -十王と地獄の美術- 9/12-11/3 龍谷ミュージアム シリーズ展8「仏教の思想と文化 -インドから日本へ- 特集展示:西七条のえんま堂 -十王と地獄の美術-」 |龍谷ミュージアム 魚拓 西七条のえんま堂目録
シリーズ展8目録
上海博物館所蔵 明時代“空白期”の景徳鎮磁器
天目 ― 中国黒釉の美
現代の天目―伝統と創造
6/2-11/8
4/25-8/16
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため2/29から当面は臨時休館→6/2から開館
大阪市立東洋陶磁美術館 現在の展覧会|展覧会情報|大阪市立東洋陶磁美術館
現在の展覧会|展覧会情報|大阪市立東洋陶磁美術館
魚拓
魚拓
目録
目録
ミナ ペルホネン/皆川明 つづく 7/3-11/8
6/27-8/16
兵庫県立美術館 ミナ ペルホネン/皆川明 つづく|minä perhonen / minagawa akira TSUZUKU 魚拓 目録
文化財発掘Ⅵー幕末・近代の出土文字資料ー 9/5-11/8 要予約
7/15-9/13
2/19-8/23
2/19-4/19

(月火休)
講演会のある3/14及び3/28の13時〜16時に尊攘堂を公開
国内における新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ2/29から3/17まで 6/16まで 7/14まで休館
京都大学総合博物館 2019年度特別展 文化財発掘Ⅵー幕末・近代の出土文字資料ー – 京都大学総合博物館 魚拓 目録
iPS細胞、軌跡と未来 9/5-11/8 要予約
7/15-9/13
6/20-8/23
4/8-6/14
月火休
国内における新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ会期を変更 7/14まで休館
京都大学総合博物館 2020年度特別展・京都大学iPS細胞研究所(CiRA)設立10周年記念展示「iPS細胞、軌跡(キセキ)と未来(ミライ)」 – 京都大学総合博物館 魚拓 目録
特別陳列 ふつうの美しさ ―京の絵画と敦賀コレクション―
(後期)
10/6-11/8
10/10 記念講演会 講師:金子信久氏(府中市美術館学芸員)8/8より申込受付
敦賀市立博物館 「ふつうの系譜」おかえり展 敦賀市-Tsuruga City- 魚拓 年間予定
目録
京都の美術 250年の夢
第1部~第3部 総集編
(前期)
10/10-11/8
10/26展示替えあり
京都市美術館 本館 北回廊1、2階 【会期決定】京都の美術 250年の夢 第1部~第3部 総集編|京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト 魚拓 目録
芦屋の時間 大コレクション展
(キャプション後期)
10/13-11/8 芦屋市立美術博物館 芦屋の時間 大コレクション展 魚拓 目録
奇才 ―江戸絵画の冒険者たち―
(後期)
10/13-11/8 あべのハルカス美術館 奇才 ―江戸絵画の冒険者たち―|あべのハルカス美術館
特別展「奇才 -江戸絵画の冒険者たち-」
魚拓 目録
人間国宝 森口邦彦 友禅/デザイン 交差する自由へのまなざし
(前期)
10/13-11/8
5/23-7/12新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止対策に伴う臨時休館に伴い展覧会を会期変更
京都国立近代美術館 人間国宝 森口邦彦 友禅/デザイン 交差する自由へのまなざし|京都国立近代美術館|The National Museum of Modern Art, Kyoto 魚拓 目録
地下の正倉院展重要文化財 長屋王家木簡-
(Ⅱ期)
10/27-11/8 平城宮跡資料館 企画展示 - 平城宮跡資料館 魚拓 目録
特集展示 新発見!なにわの考古学2020 8/26-11/9
火休
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:第132回特集展示「新発見!なにわの考古学2020」 魚拓 目録
第72回 正倉院展 10/24-11/9
無休
要前売日時指定券
奈良国立博物館 第72回 正倉院展|奈良国立博物館 魚拓 目録
近世画たのしみおおし
(前期)
10/24-11/15 八幡市立松花堂美術館 秋季企画展|八幡市立松花堂庭園・美術館 魚拓 目録
栗太郡の神・仏 祈りのかがやき
(Ⅲ期)
10/27-11/15 栗東歴史民俗博物館 【栗東歴史民俗博物館開館30周年記念展】滋賀県立琵琶湖文化館・栗東歴史民俗博物館地域連携企画展「栗太郡の神・仏 祈りのかがやき」 魚拓 チラシ
目録
特別展 墨の天地 —中国安徽地方の美術—
(後期)
10/27-11/15 和文華館 特別展 墨の天地 ―中国 安徽地方の美術―|展覧会|大和文華館 魚拓 目録
天平礼賛
(前期)
10/27-11/15 大阪市立美術館 天平礼賛 │ 大阪市立美術館 魚拓 目録
日本画家・福田眉仙展
(後期)
10/29-11/15 姫路市立美術館 開催中の展覧会|姫路市立美術館 魚拓 目録
プレスリリース
泉屋博古 #住友コレクションの原点
(前期)
10/30-11/15 泉屋博古館 京都:展示会情報|泉屋博古館 住友コレクション 魚拓 目録
舞妓モダン
(3/4)
11/3-11/15 京都文化博物館 京都文化力プロジェクト関連事業舞妓モダン | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
ナニこれ!?—平城京出土の用途不明品― 9/1-11/20
土日祝
奈良市埋蔵文化財調査センター 令和2年度秋季特別展「ナニこれ!?—平城京出土の用途不明品―」 - 奈良市ホームページ 魚拓 目録
光秀と京 2/7-11/23
2/7-6/21
2/7-4/5
4/7から新型コロナウイルス感染症拡大防止のため臨時休館、5/18から開館
京都市考古資料館 京都市埋蔵文化財研究所 » 【会期延長】特別展示「光秀と京」(2月7日~11月23日) 魚拓 目録
耄耋もうてつってニャンだ!?-吉祥の願い- 9/19-11/23 観峰館 開館25周年秋季企画展「耄耋ってニャンだ!?-吉祥の願い-」 - 観峰館 魚拓 目録
小野竹喬・春男-父と息子の切ない物語- 10/6-11/23 京都府立堂本印象美術館 堂本印象美術館 企画展 魚拓 目録
四代田辺竹雲斎展 伝統とは挑戦なり 10/24-11/23 さかい利晶の杜 10月24日より開催企画展「四代田辺竹雲斎展 伝統とは挑戦なり」|さかい利晶の杜 魚拓 目録
開館50周年記念 特別展 もうひとつの日本美術史ーー近現代版画の名作2020
(後期)
10/27-11/23 和歌山県立近代美術館 もうひとつの日本美術史 近現代版画の名作2020 - 和歌山県立近代美術館 魚拓 目録
聖徳太子 ―時空をつなぐものがたり―
(前期)
10/31-11/23 中之島香雪美術館 聖徳太子 ―時空をつなぐものがたり― 聖徳太子像・聖徳太子絵伝 修理完成記念 特別展期間中、展示替えがあります 。|中之島香雪美術館 魚拓 目録
創建1250年記念特別展 国宝粉河寺縁起と粉河寺の歴史
(後期)
11/3-11/23 和歌山県立博物館 創建1250年記念特別展「国宝粉河寺縁起と粉河寺の歴史」:和歌山県立博物館 魚拓 目録
皇室の名宝
(後期)
11/3-11/23 京都国立博物館 御即位記念 特別展 皇室の名宝|京都国立博物館|Kyoto National Museum
御即位記念 特別展 皇室の名宝/2020年10月10日(土)~11月23日(月・祝)/京都国立博物館 平成知新館【東山七条】
魚拓
魚拓
目録
聖衆来迎寺と盛安寺 -明智光秀ゆかりの下阪本の社寺-
(後期)
11/3-11/23 大津市歴史博物館 企画展 聖衆来迎寺と盛安寺 ―明智光秀ゆかりの下阪本の社寺―|お知らせ|大津市歴史博物館 魚拓 目録
異才 辻 晉堂の陶彫 10/31-11/23 美術館「えき」KYOTO 美術館「えき」KYOTO 魚拓 目録
地下の正倉院展重要文化財 長屋王家木簡-
(Ⅲ期)
11/10-11/23 平城宮跡資料館 企画展示 - 平城宮跡資料館 魚拓 目録
東本願寺と京都画壇 開催中止 10/8-11/28 大谷大学博物館 博物館|大谷大学 魚拓 目録
コレクションルーム 秋期 9/26-11/29 京都市美術館 本館 南回廊1階 コレクションルーム|京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト 魚拓 目録
万国博覧会-"人類の進歩と調和"に至るまで-
(仮題)万国博覧会のテーマの変遷
10/3-11/29 吹田市立博物館 特別展|吹田市立博物館 魚拓 目録
特別陳列 書の名品 ―経巻・墨蹟・和様の美― 10/3-11/29 和泉市久保惣記念美術館 展覧会案内|書の名品 ―経巻・墨蹟・和様の美―|和泉市久保惣記念美術館 魚拓 目録
尼崎藩主三代の軌跡 10/10-11/29 尼崎市立歴史博物館 尼崎市立歴史博物館開館記念展「尼崎藩主三代の軌跡」|尼崎市公式ホームページ 魚拓 目録
開館40周年記念企画展 博物館には何がある?―堺市博物館コレクション展Part2 人と風景― 10/10-11/29 堺市博物館 開館40周年記念企画展「博物館には何がある?―堺市博物館コレクション展 Part2人と風景― 堺市 魚拓 目録
無形文化遺産シリーズ展 アジアの伝統演劇 11/3-11/29 堺市博物館 2020年度 堺市博物館展覧会スケジュール 堺市 魚拓 目録
舞妓モダン
(4/4)
11/17-11/29
土田麦僊「明粧」、黒田清輝 「舞妓」
京都文化博物館 京都文化力プロジェクト関連事業舞妓モダン | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
悲運の画家たち
(前期)
10/24-11/30
火休
福田美術館・嵯峨嵐山文華館 悲運の画家たち|京都・嵯峨嵐山 福田美術館 -FUKUDA ART MUSEUM-
展覧会|嵯峨嵐山文華館
魚拓
魚拓
福田美術館目録
嵯峨嵐山文華館目録
梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」 9/3-12/1
4/23-6/23 新型コロナウィルスによる感染症の拡大を防止する観点から開幕を延期
国立民族学博物館 梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」|国立民族学博物館 魚拓 目録
絵を語る言葉 10/8-12/1
水休
京都市学校歴史博物館 企画展「絵を語る言葉」|明治期から昭和期にわたる近代絵画作品を,それについて語った当時の文章とともに展示します|京都市学校歴史博物館 魚拓 目録
煎茶の嗜み
煎茶と売茶翁
10/24-12/5 佛教大学宗教文化ミュージアム 秋期企画展「煎茶の嗜み」開催のご案内|お知らせ|佛教大学 魚拓 目録
日本のお酒物語 ‐神代から現代へ‐ 12/3-12/5
要予約
龍谷大学 大宮学舎本館 文学部博物館実習十二月展を開催します。【文学部】|ニュース|龍谷大学 You, Unlimited 魚拓 目録
墨と漆芸の美 9/8-12/6 正木美術館 トップ|墨と漆芸の美 魚拓 目録
特別展示 東大阪旅紀行 9/17-12/6 東大阪市立郷土博物館 特別展示「東大阪旅紀行」|関西文化.com|関西の芸術文化イベント
東大阪市立郷土博物館 令和2年度 年間行事案内
魚拓 目録
総合展示 京都府内の学校所在資料展―「京一中」「京一女」資料から― 9/19-12/6 京都文化博物館 京都府内の学校所在資料展―「京一中」・「府一」・「京二中」のたからもの― | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
京都の美術 250年の夢
第3部 戦後から現代へ:未来への挑戦
(前後期あり)

三部構成を統合予定
10/3-12/6 京都市美術館 本館 北回廊1、2階 第3部 戦後から現代へ:未来への挑戦|京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト 魚拓 目録
河川工事と機関車-山から川へ土を運ぶ-
人とモノを運ぶー資料が語るむらとまちの交流史ー
人とモノを運ぶ枚方の近世・近代
古堤街道の移り変わり
10/7-12/6 淀川資料館
門真市立歴史資料館
市立枚方宿鍵屋資料館
鴻池新田会所
淀川資料館
門真市立歴史資料館/門真市
4館合同企画「人とモノを運ぶ」:::企画展示・催し物|市立枚方宿鍵屋資料館
鴻池新田会所 国史跡・重要文化財|
魚拓 チラシ
刀剣~三重の刀とその刀工~ 開催中止 10/10-12/6
新型コロナウイルス感染症の影響により中止
三重県総合博物館 三重県総合博物館 企画展(2020年度) 魚拓 目録
発掘された土木技術 大和川流域の開発と水制 10/10-12/6 大阪府立狭山池博物館 令和2年度特別展「発掘された土木技術 大和川流域の開発と水制」の開催について|大阪府立狭山池博物館 魚拓 目録
没後20年 今竹七郎 10/10-12/6
水休
西宮市大谷記念美術館 没後20年 今竹七郎展 〜近代日本デザインのパイオニア〜|西宮市大谷記念美術館 魚拓 目録
総合展示 中川伊作と南蛮陶器 10/24-12/6 京都文化博物館 中川伊作と南蛮陶器の世界 | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
近世画たのしみおおし
(後期)
11/17-12/6 八幡市立松花堂美術館 秋季企画展|八幡市立松花堂庭園・美術館 魚拓 目録
人間国宝 森口邦彦 友禅/デザイン 交差する自由へのまなざし
(後期)
11/10-12/6
5/23-7/12新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止対策に伴う臨時休館に伴い展覧会を会期変更
京都国立近代美術館 人間国宝 森口邦彦 友禅/デザイン 交差する自由へのまなざし|京都国立近代美術館|The National Museum of Modern Art, Kyoto 魚拓 目録
京都の美術 250年の夢
第1部~第3部 総集編
(後期)
11/10-12/6
11/23,24開館
11/16、11/23展示替え
京都市美術館 本館 北回廊1、2階 【会期決定】京都の美術 250年の夢 第1部~第3部 総集編|京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト 魚拓 目録
泉屋博古 #住友コレクションの原点
(後期)
11/17-12/6 泉屋博古館 京都:展示会情報|泉屋博古館 住友コレクション 魚拓 目録
建築家・瀧光夫の仕事―緑と建築の対話を求めて 9/28-12/12
日休
京都工芸繊維大学美術工芸資料館 建築家・瀧光夫の仕事―緑と建築の対話を求めて 魚拓 目録
文明をつなぐもの 中央アジア シルクロードの使者・翟門生の世界より 9/1-12/13 MIHO MUSEUM 中央アジア -文明をつなぐもの – MIHO MUSEUM (魚拓) 目録
MIHO MUSEUMコレクションの形成-日本絵画を中心に- 9/1-12/13 事前予約制
3/14-6/7 新型コロナウイルス感染拡大防止のため3/14から3/31まで当面の間臨時休館
MIHO MUSEUM MIHO MUSEUMコレクションの形成 -日本絵画を中心に- – MIHO MUSEUM 魚拓 目録
滴翠翁没後70年記念 名品展2020 9/15-12/13
11/13-15臨時休館
滴翠美術館 滴翠美術館 秋季展のお知らせ 魚拓 チラシ
三都三園 上村松園・池田蕉園・島成園 9/18-12/13 小林美術館 秋季特別展 三都三園 上村松園・池田蕉園・島成園 開催 魚拓 目録
陶色遊覧 ―taoseyoulan― 9/24-12/13 白鶴美術館 2020年 秋季展~本館~|白鶴美術館 魚拓 目録
弥生農耕-田んぼとはたけ- 10/10-12/13 大阪府弥生文化博物館 大阪府立弥生文化博物館 魚拓 目録
YAYOI・モダンデザイン 10/10-12/13
鳥取県所蔵品の一部は12/6まで
愛知県陶磁美術館 YAYOI・モダンデザイン ―ニッポンの美、ここに始まる―|特別展・企画展・テーマ展|愛知県陶磁美術館 公式サイト 魚拓 目録
五條の古墳を掘る 10/17-12/13 市立五條文化博物館 令和2年度秋季企画展「五條の古墳を掘る」を開催します/五條市 魚拓 目録
野村得庵没後75年茶の湯のわびと美 得庵茶会再現(仮称) 10/24-12/13
9/5-10/18
野村美術館 展覧会情報|野村美術館 魚拓 目録
天平礼賛
(後期)
11/17-12/13 大阪市立美術館 天平礼賛 │ 大阪市立美術館 魚拓 目録
紀三井寺 10/31-12/13 和歌山市立博物館 和歌山市立博物館ウェブサイト―展覧会 魚拓 目録
いにしえに憧れて 聖徳太子から聖武天皇 10/31-12/13 香雪美術館 展覧会|香雪美術館 魚拓 目録
聖徳太子 ―時空をつなぐものがたり―
(後期)
11/25-12/13 中之島香雪美術館 聖徳太子 ―時空をつなぐものがたり― 聖徳太子像・聖徳太子絵伝 修理完成記念 特別展期間中、展示替えがあります 。|中之島香雪美術館 魚拓 目録
美をあきなう
(第Ⅱ部 アートの百貨店)
11/7-12/13
火水休
高島屋史料館 企画展|高島屋史料館 魚拓 目録
特別展 埋忠〈UMETADA〉桃山刀剣界の雄 10/31-12/14
火休
日時指定券
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:特別展:埋忠〈UMETADA〉桃山刀剣界の雄
特別展「埋忠〈UMETADA〉桃山刀剣界の雄」
魚拓
魚拓
目録
先住民の宝 10/1-12/15
3/9-6/2
国立民族学博物館 特別展「先住民の宝」|国立民族学博物館 魚拓 目録
細見コレクション -琳派若冲
(後期)
10/27-12/20 細見美術館 細見コレクション -琳派と若冲-|開催中の展覧会 - 京都 細見美術館 魚拓 目録
開館50周年記念 和歌山県立近代美術館 コレクションの50年 9/19-12/20 和歌山県立近代美術館 和歌山県立近代美術館 コレクションの50年 - 和歌山県立近代美術館 魚拓 目録
キュレトリアル・スタディズ14:須田国太郎 写実と真理の思索 10/8-12/20
5/13-7/19新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止対策に伴う臨時休館に伴い展覧会を会期変更
京都国立近代美術館 【会期変更しました】キュレトリアル・スタディズ14:須田国太郎 写実と真理の思索|京都国立近代美術館|The National Museum of Modern Art, Kyoto 魚拓 目録
ほとけと神々大集合 ―岡山・宗教美術の名宝―
(前期)
11/21-12/20
オンライン予約
龍谷ミュージアム 企画展「ほとけと神々大集合 ―岡山・宗教美術の名宝―」|龍谷ミュージアム 魚拓 目録
開館50周年記念 美術館を展示する 和歌山県立近代美術館のサステイナビリティ 12/1-12/20 和歌山県立近代美術館 2020年度展覧会予定 - 和歌山県立近代美術館 魚拓 目録
感覚の交差展(仮称) 2021年度に延期 11/7-12/25 国立国際美術館 感覚の交差展(仮称)|展覧会|NMAO:国立国際美術館 魚拓 目録
特別企画展 文字の魅力・書の美 11/20-12/25 和文華館 特別企画展 文字の魅力・書の美|展覧会|大和文華館 魚拓 目録
悲運の画家たち
(後期)
12/2-2021/1/11
火休
福田美術館・嵯峨嵐山文華館 悲運の画家たち|京都・嵯峨嵐山 福田美術館 -FUKUDA ART MUSEUM-
展覧会|嵯峨嵐山文華館
魚拓
魚拓
福田美術館目録
嵯峨嵐山文華館目録
総合展示 近代博覧会と京都の産業 11/7-2021/1/11 京都文化博物館 近代博覧会と京都の産業 ―明治初期の観光と染織産業を中心に | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
特集展示 大阪の灯火具 11/11-2021/1/11
火休
大阪歴史博物館 大阪歴史博物館:2020年 年間展示予定 魚拓 目録
ボストン美術館 開催中止 10/24-2021/1/17
日米両国の新型コロナウイルス感染拡大の影響のため、現段階で作品輸送の目途が立たないため中止
神戸市立博物館 ボストン美術館展 芸術×力|日本テレビ 魚拓 目録
いのりの四季-仏教美術の精華 11/1-2021/1/17 無休
4/12-7/19 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止のため10/31迄臨時休館
相国寺承天閣美術館 いのりの四季|承天閣美術館|臨済宗相国寺派 魚拓 目録
特別陳列 おん祭と春日信仰の美術―特集 神鹿の造形― 12/8-2021/1/17 奈良国立博物館 おん祭と春日信仰の美術|奈良国立博物館 魚拓 目録
特集展示 新たに修理された文化財 12/22-2021/1/17 奈良国立博物館 新たに修理された文化財|奈良国立博物館 魚拓 目録
ほとけと神々大集合 ―岡山・宗教美術の名宝―
(後期)
12/22-2021/1/24
オンライン予約
12/28-2021/1/5は休館
龍谷ミュージアム 企画展「ほとけと神々大集合 ―岡山・宗教美術の名宝―」|龍谷ミュージアム 魚拓 目録
企画展 屏風の美―収蔵品の名品から― 12/5-2021/1/24 和歌山県立博物館 2020年度の展覧会のご案内 魚拓 目録
三沢厚彦 ANIMALS IN あべのハルカス 11/21-2021/1/27 あべのハルカス美術館 三沢厚彦 ANIMALS IN あべのハルカス|あべのハルカス美術館 魚拓 目録
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 11/3-2021/1/31 日時指定制(電子チケットは申込手数料220円…)
7/7-10/18
新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため会期変更
国立国際美術館 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 魚拓 目録
総合展示 動乱の世から太平の世へ―かわりゆく人のくらし― 12/12-2021/1/31 京都文化博物館 動乱の世から太平の世へ―戦国を乗り越えた人々のくらし― | 京都府京都文化博物館 魚拓 目録
文化財修理の最先端
丑づくし
12/19-2021/1/31 京都国立博物館 文化財保存修理所開所40周年記念 特別企画 文化財修理の最先端|京都国立博物館|Kyoto National Museum
新春特集展示 丑づくし─干支を愛でる─ |京都国立博物館|Kyoto National Museum
魚拓 目録
ひょうごゆかりの古陶磁 12/12-2021/2/21 兵庫陶芸美術館 「ひょうごゆかりの古陶磁-丹波焼・三田焼・王地山焼-」 - 兵庫陶芸美術館 The Museum of Ceramic Art, Hyogo 魚拓 目録
三島埴輪総覧 10/10-2021/2/23 今城塚古代歴史館 今城塚古代歴史館 秋冬企画展「三島埴輪総覧」【10月10日~2月23日】/高槻市ホームページ 魚拓 目録
コレクションルーム 冬期 12/3-2021/3/14 京都市美術館 本館 南回廊1階 コレクションルーム|京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト 魚拓 目録
至高の小磯良平 大野コレクションのすべて 12/24-2021/3/21 神戸市立小磯記念美術館 神戸市:小磯記念美術館 特別展 関西初公開「至高の小磯良平 大野コレクションのすべて」 魚拓 目録
憧れのヨーロッパ旅行-おしゃれな印象- 11/28-2021/3/28 京都府立堂本印象美術館 堂本印象美術館 企画展 魚拓 目録
黒田泰蔵 11/21-2021/5/9
8/29-11/23
大阪市立東洋陶磁美術館 展覧会スケジュール|展覧会情報|大阪市立東洋陶磁美術館 魚拓 目録
特別企画展 東アジア文人の肖像―書画と文房具― 2022/2/18-2022/4/3 和文華館 展覧会|大和文華館 魚拓 目録

月見だんご(関西)

初の自作月見だんご

今年の中秋は10/1の今日。月見だんごを買いに行くのが夕方になってしまい、近所では売り切れてしまっていました。
さてどうしよう。
家に上新粉こしあんがあるから、自作してみようそうしよう。

ということで自作してみました。
しかし検索すると、豆腐を混ぜるレシピが多くて辟易。俺はやわらかーいだんごを食べたいのでは無い、しっかりしただんごが食べたいんだ!ってことで今回のレシピを選択。
しかし結果としてはかなり固めだったので、もう少し改良すべき。

レシピ(月見だんご6個分)

上新粉 75g
片栗粉 大さじ1
砂糖 大さじ1
熱湯 75cc
こしあん 150g弱

手順

  1. ボウルに上新粉、片栗粉、砂糖を入れて混ぜる。
  2. ボウルに熱湯を少しずつ加えて練る。
  3. 6個に分けて長細くする(里芋/海老芋状との説もあるが私にはもっと細長い印象)
  4. 鍋に多めのお湯を沸かしておき、そこへ入れて茹でる。浮いてきたらさらに1分ほど茹でてから引き上げ、冷水で締める。
  5. こしあんを6等分しておく
  6. 水を切っただんごの中央にこしあんを巻き付けて出来上がり。

f:id:riocampos:20201002221222j:plain:w600

改善点

冒頭にも書いたように、固い。なので上新粉ではなく白玉粉でやるべきなのかなと思う。今回のレシピで片栗粉が入っているのは、固さを少し緩めるためだろうか。

なお、米粉屋さんの下記サイトではだんごを作るときに「①上新粉に②お湯を一気に混ぜ③蒸し上げ④練り上げ⑤切り分け⑥さらに蒸して出来上がり」になっていた。

さらに以下の白玉屋さんのサイトでは、茹でるのは白玉粉での製法であるように書かれている。上新粉だと固くなりすぎるようだ。

上新粉の基本の使い方は、お湯を加えながら練った後に、一度蒸してからつき、その後形を整えて使います。
お湯で練ることで粘りを出し、よくつくことで弾力をもった仕上がりに…
 :
白玉粉は水を加えながら混ぜた後に形を作り、お湯でゆでて使うのが一般的です。

上新粉の主な使われ方

柏餅や、ういろう、すあま、ちまきなど歯ごたえのある弾力の強い和菓子などに使われます。
また、硬めの生地につくりやすく、串に刺す串団子などにも向いています。

白玉粉の主な使われ方

白玉だんごや大福など、柔らかいなめらかな食感を活かした和菓子などに使われます。
冷やしても固くなりにくいので冷たい和スイーツにも最適です。

次回に期待

次は…来年では無く栗名月(旧暦九月十三日 / 2020年は10/29)のときに挑んでみよう(予定)。