子子子子子子(ねこのここねこ)はてブロ部

Macネタが主のIT記事と、興味ある展覧会リストや観覧感想などを書いてますよ。自転車ロードレースも好き。

日韓請求権協定に関する2018/11/14外務委員会発言記録

メモ書きというかコピペ。 穀田恵二議員の質疑。 衆議院会議録情報 第197回国会 外務委員会 第2号 ○若宮委員長 次に、穀田恵二君。 ○穀田委員 日本共産党の穀田恵二です。 きょうは徴用工問題について質問したいと思います。 韓国の大法院は、十月三十日…

馬部隆弘「由緒・偽文書と地域社会―北河内を中心に」

はじめに 枚方市在住の @riocampos です。年を重ねてきた人間(おっさん)が住んでいる地域の歴史に興味を持つのはフツーのことだろうと思っています。私自身は枚方市生まれではないので小中学校で行われている(であろう)枚方に関する歴史教育を受けていま…

2019年度気になる展覧会その2(夏編)

月替わりの7/1に更新ではなく、土曜日の6/29を区切りとしました。 近畿圏中心にざざっと書いてみました。全てへ行くことが出来ないのは分かってますw 終了日順に並べています(随時更新)。 なお展覧会名が青いものは残り一週間以内、赤いものは開始後一週間…

アマチャ(ヤマアジサイ)の種類

甘露庭 6/16の日曜日に建仁寺塔頭の霊源院へ行きました。お庭の公開最終日、しかも来年からは当分公開しない、とのことを聞いています。 …釈迦の一生をモチーフにした新緑の庭を約500株が彩っている。 アマチャはヤマアジサイの変種。釈迦誕生の際に甘露…

大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋

大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋(はそうあい) – MIHO MUSEUM 本展二回目の訪問。 枝垂れ桜満開×日曜日×曜変天目人気×講演会実施日、の掛け合わせで大混雑!あの山奥にこれほど人が来るとは!展覧会場に入るため館内で1時間並ぶとは思ってなかったです……

2019年度気になる展覧会その1(春編)

いつもは4/1に更新するのですが、春の展覧会の開始がだいたい3/21の春分の日からっぽいので3/21に登録しました。 近畿圏中心にざざっと書いてみました。全てへ行くことが出来ないのは分かってますw 終了日順に並べています(随時更新)。 展覧会名 期間 会場…

日本画家・福田眉仙とその周辺 @ 西宮市大谷記念美術館

受贈記念 日本画家・福田眉仙とその周辺|西宮市大谷記念美術館実質的に、西宮市大谷記念美術館の日本画系の所蔵品展でした。 福田眉仙はまあまあ。これはスゴイ、という印象までは受けなかったです。でも観に行って損しなかった。なお福田眉仙の出品図録代…

日曜講演 『山口晃 親鸞 全挿画集』が出来るまで @ 西本願寺

講演会があることを当日未明に知りました…w 2月3日【日曜講演】『山口晃 親鸞 全挿画集』が出来るまで(講師:山口晃 師) | お知らせ|龍谷山 本願寺【お西さん(西本願寺)】-本願寺への参拝(参る・知る・観る) 相変わらずの山愚痴節炸裂でした。本編も…

驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ @ あべのハルカス美術館

驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ | あべのハルカス美術館 展覧会:「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」 大阪・あべのハルカス美術館で、あす開幕 - 毎日新聞 会期は1/26からなので混み合うよりも前の早めに行ったつもりだったが、それ…

国際特別講演会 日本と韓国の仏画の新解釈―国宝「子島曼荼羅」と重要文化財 鏡神社所蔵「高麗水月観音図」を中心に― @ 京博

京博、今日は土曜講座ではなく国際特別講演会。「日本と韓国の仏画の新解釈―国宝「子島曼荼羅」と重要文化財 鏡神社所蔵「高麗水月観音図」を中心に―」。講師は姜友邦さん(一郷韓国美術史研究院長、梨花女子大学 人文科学大学美術史学招聘教授)。いつもよ…

「サムネイル」とは32400画素以下なのだそうで

おことわり 私は弁護士でも弁理士でもないので、内容に誤りが含まれている場合があります。ご注意ください。 展覧会を開催する美術館など向けの改正 今年(2019年)元日付で改正著作権法が施行されました。 著作権法の一部を改正する法律(平成30年法律第30…

堺に生まれた女性日本画家 島成園 @ さかい利晶の杜

島成園展 「堺に生まれた女性日本画家 島成園」を開催いたします | さかい利晶の杜 島成園は堺出身で大阪市内育ち、その後は上村松園、池田蕉園*1とともに「三都三園」と呼ばれた、大正時代の人気「閨秀画家」です。よく知られているようにその後は松園のみ…

御即位30年 御成婚60年記念 特別展 国民とともに歩まれた平成の30年 @ 京都タカシマヤ

国民とともに歩まれた平成の30年|高島屋 チラシ (pdf)天皇皇后行幸啓の写真展示よりも、その際に各地から献上された品々の展示のほうが格段に興味深かった。献上品はさすがに各地物産の一級品なので、名産のうちでもかなり良いものが選ばれていた。 一番良…

如意ヶ嶽山中の幻の山林寺院 @ 京都市考古資料館

京都市埋蔵文化財研究所 » 速報展示「如意ヶ嶽山中の幻の山林寺院」( 1月 5日~ 2月 17日 ) 山を削って造られた寺院も、今は朽ちて消え失せ、その名残りが鹿と猪により発掘されてしまうのでした。

花鳥風月展 @ 美術館「えき」KYOTO

美術館「えき」KYOTO 珍しく作品リストがサイトに掲載されています。

2018年度気になる展覧会その4(冬編)

近畿圏中心にざざっと書いてみました。全てへ行くことが出来ないのは分かってますw 終了日順に並べています(随時更新)。 なお展覧会名が青いものは残り一週間以内、赤いものは開始後一週間以内の展覧会であることを意味します。 展覧会名 期間 会場 リンク…

国立国会図書館デジタルコレクションの釈宗演「万国宗教大会一覧」二冊の違い

明治二十六年のシカゴ万国宗教大会*1に参加した釈宗演が編した参加者講演内容の本。 二冊の違いは初版と2版、そして文字サイズも違っています。 万国宗教大会一覧(初版)永続的識別子:info:ndljp/pid/815013 文字が大きい。序、本編、付録のみ。 万国宗教…

国立国会図書館デジタルコレクションの釈宗演「西遊日記」二冊の違い

落丁の有り無しでした。 西遊日記(背景が暗いほう)永続的識別子:info:ndljp/pid/1184161 こちらは抜け無し。 西遊日記 - NDL Digital Collections 西遊日記(背景が明るいほう)永続的識別子:info:ndljp/pid/1909255 こちらは十五と十六が抜けている。 …

滝和亭

今日訪れた泉屋博古館のフルーツ&ベジタブルズ展にて気になったのが滝和亭かてい。没骨な描き方が良かった。図録から略歴を引いておく。 瀧和亭(1830〜1901)は江戸出身で、幕末に長崎で鉄翁祖門より南画を、清人より惲寿平の没骨法を学び、両者を折衷した…

2018年正倉院展出陳宝物を宮内庁サイトで見る

今年も正倉院展の時期になりました。 で、奈良博へ行かなくてもお家で正倉院宝物を見たいと思えば、出陳宝物の大半が宮内庁のサイトで見れるわけです。いい時代になりました。 正倉院 - 宮内庁 でも検索しなきゃいけないですよね。代わりにやっておきましたw…

「神仏のかたち−湖都大津の仏像と神像」展関連記事 @ 京都新聞

企画展 神仏のかたち ―湖都大津の仏像と神像― |お知らせ|大津市歴史博物館 主催社に入っている京都新聞が関連記事を載せているのでリンク貼っておく。 顔に癖、作り手の人間味感じる <滋賀・神仏のかたち> : 京都新聞 奇怪、精悍…表現力豊か <滋賀・神…

高麗青磁展@大阪市立東洋陶磁美術館の観覧感想

おことわり(2019/1/16) この記事は一旦書いたあと追記する予定で下書きにそのまま放置していたものです。本来は高麗青磁展開催中に公開せねばならぬものでしたが、写しについての部分が書き切れないまま時間が過ぎ、気持ち的に公開できないまま期間を超え…

再興第103回院展大阪展の列品解説で取り上げられた作品

列品解説には那波多目功一さん、梅原幸雄さん、清水達三さんが来られました。京都展でお休みされた清水さんは…わりとしんどそうでした。ご無理なさらないでくださいね。 解説があった作品は以下の通り。田渕 俊夫 厳島神社/ 再興第103回院展 同人出品作品 …

2018年度寺社特別開帳その3(秋編)

展覧会と寺社の御開帳などを分けて表示させることにしました。 展覧会名 期間 会場 リンク 魚拓 目録 再会―興福寺の梵天・帝釈天 10/1-11/15 興福寺国宝館 国宝館特別展示のお知らせ|法相宗大本山 興福寺 魚拓 目録 秋季名宝展仁和寺の密教美術〜さまざまな…

2018年度気になる展覧会その3(秋編)

近畿圏中心にざざっと書いてみました。全て行くことが出来ないのは分かってますw 終了日順に並べています(随時更新)。 展覧会名 期間 会場 リンク 魚拓 目録 再興第103回院展 9/26-10/1 高島屋京都店 京都タカシマヤ|7階催会場・グランドホール 魚拓 目…

「鈴木松年 今蕭白と呼ばれた男」@香雪美術館の参考資料たち

今回、初めて香雪美術館へ行ったのです。あんなに狭いと思わなかったのです。出品点数もあんなに少ないと思わなかったのです。なので少し残念だったのです。なぜ前期展へ行かなかったのか…。 さて 会場には参考資料として、鈴木松年の存命時の小伝やら番付表…

再興第103回院展京都展の列品解説で取り上げられた作品

列品解説には宮北千織さんと村岡貴美男さんが来られました。予定では清水達三さんも来られる予定でしたが体調不良とのこと。お大事にして頂きたいです。 それぞれの作品でのコメントは…気が向いたら追加します。 なお地元画家として山田伸さんのコメントがあ…

2018年度展覧会観覧予定その2(夏編)

近畿圏中心にざざっと書いてみました。全て行くことが出来ないのは分かってますw 終了日順に並べています(随時更新)。 展覧会名 期間 会場 リンク 魚拓 絵描きの筆ぐせ、腕くらべ―住友コレクションの近代日本画 5/26-7/8 泉屋博古館 京都:展示会情報|泉…

生誕150年 横山大観展

生誕150年 横山大観展 | 京都国立近代美術館 生誕150年 横山大観展|京都国立近代美術館 2018年6月8日(金)〜7月22日(日) 否定意見を先に見かけてしまった 私、大観は好きな方です。なのですが、観に行く前に見かけたいろいろな人のツイートが総じて否定…

京都新聞連載「タテカン考」へのリンク(全七回)

京都新聞の記事は1か月ぐらいで消されてしまうものもあるのでInternet Archiveに保存しておきます。 「表現の自由脅かす条例」 タテカン問題・中島晃さん : 京都新聞 無秩序より美しい景観 タテカン問題・山本一博さん : 京都新聞 愛着持つ住民と対話を タテ…